政策 RSS配信


ここから本文です。


事業サイトの一覧

  • 大阪府戦略本部会議 (企画室政策課)

  • 将来の大阪を見据えて府政を戦略的に推進するため、大阪府戦略本部会議を設置しています。 戦略本部会議における審議・報告の概要はこちらからご覧ください。
  • 平成27年度大阪府戦略本部会議 (企画室政策課)

  • 将来の大阪を見据えて府政を戦略的に推進するため、大阪府戦略本部会議を設置しています。 戦略本部会議における審議・報告の概要はこちらからご覧ください。
  • 26年度大阪府戦略本部会議 (企画室政策課)

  • 将来の大阪を見据えて府政を戦略的に推進するため、大阪府戦略本部会議を設置しています。 戦略本部会議における審議・報告の概要はこちらからご覧ください。
  • 職員からの政策提言 (企画室政策課)

  • 大阪府では、職員からの創意・工夫あふれる提言をくみ取り、府政運営に活かすことを目的に、職員からの政策提言制度を実施しています。 提言及びその検討状況は、提言者の承諾のあるものについて、ホームページで、府民の皆様にもご紹介しています。
  • 府政運営の基本方針 (企画室計画課)

  • 各年度ごとの府の政策課題や予算編成、組織人員体制などの基本方針を明らかにしています。
  • 部局運営方針 (企画室計画課)

  • 各部局の年度ごとの運営方針を掲げています。
  • 大阪府オープンデータサイト (企画室計画課)

  • オープンデータの取組みとして、大阪府が公開しているデータの一部を編集可能な形式で分野別にご紹介するものです。
  • 大阪府発! 先進施策 (企画室計画課)

  • 大阪府の政策創造・府庁改革などの取組みを、より多くの皆さんに知っていただくために、全国の先進的な取組みを紹介している全国知事会の「先進政策バンク」に登録しています。
  • 大阪府の経済対策 (企画室計画課)

  • 大阪府では、金融危機に端を発する景気後退に対応し、「大阪府経済対策連絡会議」を設置して、国等の迅速な情報収集等に努め、各種経済対策を講じています。
  • 大阪府企画室政策マーケティング・リサーチ・チームでは、重要政策などを対象に民間のマーケティング・ リサーチの手法を活用したリサーチを実施しています。
  • ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)の取組み (戦略事業室事業推進課)

  • BNCTは、これまで治療が難しいとされてきた難治性がんにも有効とされており、大阪の産学官ネットワークが世界の研究をけん引する革新的ながん治療法として、大いに期待されていることから、本府ではBNCTの早期実用化を促していきます。
  • 大阪府市医療戦略会議 (戦略事業室事業推進課)

  • 大阪府及び大阪市の医療・健康づくりサービスの向上と関連産業の振興方策について戦略的観点から検討するため、平成25年4月1日から平成26年3月31日まで、大阪府市医療戦略会議を設置しました。 大阪府市医療戦略会議における審議・報告の概要、提言はこちらからご覧ください。
  • 北方領土返還運動 (府政情報室広報広聴課)

  • 国(内閣府)、北方領土問題対策協会、北方領土返還運動推進大阪府民会議と連携して、北方領土問題の啓発に努めています。
  • 大阪府自治制度研究会 (副首都推進局)

  • 「大阪府自治制度研究会」は、地方自治法の抜本改正の検討、地方政府基本法の制定に向けて、大阪から新たな自治制度を提案すべく、大都市制度のあり方について調査・研究を行うことを目的として、設置しました。
  • 近畿ブロック知事会 (企画室地域主権課)

  • 全国知事会及び近畿ブロック知事会は、都道府県間の連絡提携を緊密にし、地方自治の円滑な運営と進展を図るために設けられています。  全国知事会では、全国的な諸課題について協議を行うなど、地方自治体が抱える重要課題の解決に努め、近畿ブロック知事会では、近畿の諸課題について協議を行うなど、その課題解決に努めています。
  • 地域主権の推進 (企画室地域主権課)

  • “地域のことは地域の責任で決める”地域主権の実現のために、さまざまな活動をおこなっています。
  • 関西広域連合について (企画室地域主権課)

  •  平成22年12月1日、関西の2府5県(滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、和歌山県、鳥取県および徳島県)が結集し、複数の府県が参加する広域連合としては全国初となる関西広域連合が設立されました。  平成24年から4政令市(京都市、大阪市、堺市、神戸市)が、また、平成27年12月には奈良県が新たに加わり、広域行政体としての権能、事業執行力がより一層充実しました。  関西広域連合は府県域を越える広域課題に取り組むことはもとより、地方分権の突破口を開き、わが国を多極分散型の構造に転換することを目指しています。
  • 急速な少子高齢化の進展に的確に対応し、人口減少に歯止めをかけるとともに、東京圏への人口の過度の集中を是正し、それぞれに地域で住みよい環境を維持し、将来にわたって活力ある日本社会を維持していくため、平成26年11月に「まち・ひと・しごと創生法」が成立し、国において「まち・ひと・しごと創生長期ビジョン」及び「まち・ひと・しごと創生総合戦略」が策定されました。これを受けた、大阪府における地方版人口ビジョン及び総合戦略の策定までの取組みをこのページでまとめています。
  • 大阪府人口減少社会白書 (企画室計画課)

  • 大阪では、今後、生産年齢人口(15歳から64歳)の減少、高齢者人口(65歳以上)の急増、さらには人口総数が減少する「人口減少社会」の到来が見込まれます。このことにより、府民の暮らし、経済、都市構造など、あらゆる分野に様々な影響が予想されます。  そこで、人口減少社会の到来による影響や課題を整理し、中長期的な観点から対応の方向性を明らかにする「大阪府人口減少社会白書」を平成24年3月に策定しました。
  • 大阪府強靭化地域計画 (企画室計画課)

  • 強靭化地域計画は、いかなる自然災害が起こっても機能不全に陥らず、いつまでも元気であり続ける「強靭な地域」をつくりあげるための計画です。 大阪府では、計画策定に向け、検討を進めています。
  • 大阪府の行政計画 (企画室計画課)

  • 行政計画とは、施策の方向性やそれを実現するための具体的な方法・手段を示すものです。大阪府の各部局で策定しているすべての行政計画をこのページで情報提供しています。
  • 大阪府施策集 (企画室計画課)

  • 大阪府が取り組む具体的な施策について、「将来ビジョン大阪」の体系にそって、施策名とその概要をこのページで情報提供しています。
  • 急速な少子高齢化の進展に的確に対応し、人口減少に歯止めをかけるとともに、東京圏への人口の過度の集中を是正し、それぞれに地域で住みよい環境を維持し、将来にわたって活力ある日本社会を維持していくため、平成26年11月に「まち・ひと・しごと創生法」が成立し、国において「まち・ひと・しごと創生長期ビジョン」及び「まち・ひと・しごと創生総合戦略」が策定されました。大阪府でも地方版人口ビジョン及び創生総合戦略を策定し、まち・ひと・しごと創生に関する施策を総合的に実施していきます。
  • 国において「いのち輝く未来社会のデザイン」というテーマで、2025年国際博覧会の大阪誘致に向けて立候補すること等が閣議了解され、平成29年4月に、博覧会国際事務局(BIE)に立候補表明文書が提出されました。  これを受け、大阪府においても、2025年国際博覧会のコンセプトを踏まえ、府・市町村・民間企業などオール大阪で、いのち・健康を軸にした幅広い取組みを推進するため、「(仮称)大阪から『いのち輝く未来社会』をめざすビジョン」を平成29年度中に策定します。  ビジョンでは、有識者の意見も聞きながら、強みを活かした大阪の「めざす姿」、それに向けた取組みの方向性、先進的な取組みを幅広く取りまとめ、国内外に発信していきます。  ビジョンを策定するにあたり、基礎となるデータの収集や分析、「めざす姿」や取組みの方向性の設定等について、民間事業者等の知識やノウハウ等を活用し、より効果的・効率的に実施するため、企画提案公募により受託事業者を募集します。
  • 大阪の都市再生 (戦略事業室事業推進課)

  • 構造改革特区、都市再生緊急整備地域等について、国や府、市町村、関係機関、民間が連携しながら、大阪の都市再生に向けた取組を進めています。
  • 関西文化学術研究都市 (戦略事業室事業推進課)

  • 関西文化学術研究都市は、京都・大阪・奈良の三府県にまたがる京阪奈丘陵に立地し、産・学・官の密接な連携のもとに文化、学術、研究、産業の新しい拠点を形成するとともに、未来を拓く知の創造都市として、魅力ある居住環境、都市環境の創造を目指すナショナルプロジェクトです。
  • 近畿圏整備法 (戦略事業室事業推進課)

  • この法律は、近畿圏の整備に関する総合的な計画を策定し、その実施を推進することにより、首都圏と並ぶわが国の経済、文化等の中心としてふさわしい近畿圏の建設とその秩序ある発展を図ることを目的としています。
  • 近畿圏の保全区域の整備に関する法律 (戦略事業室事業推進課)

  • この法律は、近畿圏の建設とその秩序ある発展に寄与するため、近郊緑地の保全その他保全区域の整備に関し特別の措置を定め、保全区域内における文化財の保存、緑地の保全又は観光資源の保全若しくは開発に資することを目的としています。
  • 大阪の水資源 (戦略事業室空港・広域インフラ課)

  • 大阪府の水資源計画や「水の日」「水の週間」の取組み等を掲載しています。
  • 安全なまちづくり施策 (青少年・地域安全室治安対策課)

  • 安全なまちづくり推進会議の事業内容や安全なまちづくりキャンペーン等の情報を掲載しています。
  • 採用戦略について (人事局人事課)

  •  地域主権の進展を見据えた人材確保策として、「採用戦略」を策定しました。
  • 大阪府子ども総合計画 (子ども室子育て支援課)

  • 大阪府では、「こども・未来プラン」後期計画の理念を継承しつつ、「こども・子育て支援新制度」にも対応した計画として、平成27年度を初年度として、平成36年度を目標とする10年間を見据えた「大阪府子ども総合計画(本体計画)」を策定しました。
  • 大阪府人権保育基本方針 (子ども室子育て支援課)

  • 人権保育の一層の充実を図るため、その考え方や方向性を示す「大阪府人権保育基本方針(平成14年2月)」を策定しました。
  • 都市計画現況調査(都市計画資料集) (都市計画室計画推進課)

  • 大阪府内における都市計画区域、市街化区域、地域地区の決定状況、および都市計画施設の状況等の情報を掲載しています。
  • みどりの大阪推進計画 (都市計画室計画推進課)

  • 今後の大阪府における、みどりづくりの計画について掲載してます。
  • 大規模集客施設の適正立地に関する運用指針 (都市計画室計画推進課)

  • 大規模集客施設の立地に関する都市計画の決定又は変更に関する基本的な考え方を示した「大規模集客施設の適正立地に関する運用指針」を掲載しています。
  • 都市計画区域の再編 (都市計画室計画推進課)

  • 平成16年に再編された4つの都市計画区域について、再編に関する検討経緯等を掲載しています。
  • 河川の計画 (河川室河川整備課)

  • 河川整備に関する計画について掲載しています。
  • 大阪府の下水道計画 (下水道室事業課)

  • 大阪府の下水道整備基本計画全文及び合流式下水道緊急改善計画の策定について掲載しています。
  • 大阪府自治制度研究会 (副首都推進局)

  • 「大阪府自治制度研究会」は、地方自治法の抜本改正の検討、地方政府基本法の制定に向けて、大阪から新たな自治制度を提案すべく、大都市制度のあり方について調査・研究を行うことを目的として、設置しました。
  • 大阪府総合教育会議 (企画室計画課)

  •  大阪府では、平成27年4月施行の改正地方教育行政法に基づき、地域の教育課題などについて知事と教育委員が意見交換を行う「大阪府総合教育会議」を設置しています。
  • 大阪府原子炉問題審議会 (戦略事業室事業推進課)

  • 大阪府原子炉問題審議会では、京都大学研究用原子炉の平和利用、放射線損害の防止、原子力損害にかかる紛争の解決の促進等、住民の福祉についての重要事項の調査審議及び調停に関する事務を行っています。
  • 大阪府子ども施策審議会 (子ども室子育て支援課)

  • 大阪府子ども条例に基づき、「大阪府子ども施策審議会」を設置しています。審議会では、子ども施策の総合的な実施についての重要事項の調査審議を行います。
  • 都市計画公聴会 (都市計画室計画推進課)

  • 都市計画の案の作成の段階で、住民の方々のご意見を反映させるため開催するものです。
  • 都市計画審議会 (都市計画室計画推進課)

  • 都市計画決定などの都市計画に関する事項について調査審議するため、学識経験者などから構成される大阪府都市計画審議会を設置しています。
  • 大阪府国土利用計画審議会 (都市計画室計画推進課)

  • 府域における国土の利用に関する基本的な事項及び土地利用に関し重要な事項を調査審議するため、学識経験者などから構成される大阪府国土利用計画審議会を設置しています。
  • 大阪府学校教育審議会 (教育総務企画課)

  • 教育委員会の諮問に基き、専門的な見地から調査や審議をおこない教育施策方針などを答申しています。
  •  大阪府の行財政計画の策定・取組状況について、「大阪府行政改革大綱(平成8年1月)」から「行財政改革推進プラン(案)(平成27年2月)」までの情報を掲載しています。
  • 公の施設 (行政経営課)

  •  公の施設の基本情報及び点検結果等を掲載しています。
  • 将来ビジョン・大阪 (企画室計画課)

  • 「明るく笑顔あふれる大阪」の実現に向け、今後の大阪の将来像と、その実現のための取り組み方向を示す「将来ビジョン・大阪」を平成20年12月に策定しました。今後、ビジョンに掲げる将来像の実現に向け取組んでいきます。
  • 大阪の成長戦略 (企画室計画課)

  • 大阪を「日本の成長エンジン」としてわが国の成長をけん引する都市とするため、今後10年間の成長目標を掲げ、それを実現するための短期・中期(3から5年)の具体的取組方向を明らかにした「大阪の成長戦略」を平成22年12月に策定しました。

ここまで本文です。