このサイトのユニバーサルデザインについて

更新日:平成25年3月29日

このサイトのユニバーサルデザインについて

大阪府では、だれもが情報を得ることができる「情報のユニバーサルデザイン」の実現をめざしています。
高齢者、身体の不自由な人、キーボードやマウスを利用しにくい人、小さい画面を使っている人、初期タイプやテキスト専用のブラウザを使っている人、その他様々な人が大阪府のホームページを訪れます。大阪府では、そのすべての人が戸惑うことなく利用することができる、誰もが便利で使いやすいホームページづくりを心がけています。

地名や人名などの固有名詞や、読みが難しい単語については、音声読み上げソフトの使用時に、適切に読み上げない場合があります。

「情報のユニバーサルデザイン」実現のため、具体的に考慮したポイント

  1. 画像にはデータの一部に画像が伝える内容を具体的に説明するための文字を付け、画像が表示されない状態でも同等の内容が伝わるよう配慮しました。
  2. 文字を読みやすいよう、背景色と文字などのコントラストに配慮しました。
  3. 音声読み上げソフトの使用時、利用者が内容を適切に理解できるよう、読み上げ順などに配慮しました。
  4. メニューにマウスの矢印を合わせクリックすると、詳しいメニューが下方向に現れるプルダウンメニューは音声読み上げソフトで読み上げることが不可能なので使用しません。
  5. 点滅したり動いたりする情報は人によっては読解不可能であったり、ひどい時には発作の原因になったりするので使用しません。また、明示なしにページを入れ替えたり、新しいウインドウを開くことはしません。
  6. クリックをスムーズに行うことができるよう、リンクするテキストとリンクするテキストの間が狭くなりすぎないよう配慮しました。
  7. タイトル(ブラウザータイトルバー部分に表示される)は分かりやすく正確に付けました。
  8. できるだけ分かりやすい表現を心がけ、略語や外国語の乱用はしません。レイアウト目的で単語と単語の間にスペースをいれませんでした。
  9. フレームはできるだけ使わないようにしました。
  10. すべてのページに一貫したナビゲーション(「前ページ」「次ページ」「戻る」など)を配置しました。  

インターネットにおけるアクセシブルなウェブコンテンツの作成方法に関する指針

首相官邸 IT戦略会議・IT戦略本部合同会議(5回)資料7(外部サイト)

【様々な形式に適切に変換できるコンテンツを作成するための指針】

  1. 音声や画像で表示されるコンテンツには代替手段を提供すること
  2. 色の情報だけに依存しないこと
  3. マークアップ及びスタイルシートは適切に使用すること
  4. 自然言語の使用について明確にすること
  5. 適切に変換できるような表を作成すること
  6. 新しい技術を様々な形式に適切に変換できるページを保証すること
  7. 時間の経過に伴って変化するコンテンツに対してユーザの制御を保証すること
  8. ユーザインタフェースのアクセシビリティを保証すること
  9. 特定の装置(デバイス)に依存しない設計であること
  10. 臨時の対応策を利用すること
  11. インターネットの技術標準及び指針を使用すること

【理解が可能でナビゲーションが可能なコンテンツを作成するための指針】

  1. 文脈やページの構成等の情報を提供すること
  2. ナビゲーションの仕組みを明確に提供すること
  3. ドキュメントは明確かつ簡潔であること

大阪府ウェブアクセシビリティ方針

このページの作成所属
府民文化部 府政情報室広報広聴課 広報広聴グループ

ここまで本文です。