過去の取組み(大阪版PPPの推進)

更新日:平成27年5月20日

”新しい公を目指して”

 大阪府では、行政と民間が多様な形で連携することにより、行政スタイルの転換を進め、効率的でより質の
高い公共サービスを提供することを目的に「大阪版PPP改革」に取り組んでいます。

これまで民間との協働に先導的に取り組んできた実績を踏まえて、さらなる創意工夫のもと、

 ○さらなるコスト削減と住民サービスの向上の両面から府政改革を進めます。
 ○行政と民間が協働し、地域のことは地域が責任を持って決める地域社会づくりをめざします。
 ○民間の経営感覚等を取り入れながら、府職員の意識改革を促していきます。

行政の業務

民間へのアウトソーシングが実施できる領域⇒民間開放へ

行政が直接実施しなければならない領域⇒民間ノウハウの導入へ

民間とのタイアップが可能な領域⇒連携・協働へ

(注) PPP(Public Private Partnership)とは、一般的には「官と民が協力して 公共サービスを民間に開放すること」という概念とされています。

官民協働総論

大阪版PPP改革について(講演資料) [PDFファイル/1.06MB]

大阪府における官民協働の取組み事例

行財政改革プログラム[案] 記載内容 [Wordファイル/235KB]


民間開放
協 働
民間活力活用
地域貢献企業バンク
広告事業
ネーミングライツ

このページの作成所属
財務部 行政改革課 改革推進グループ

ここまで本文です。