盲ろう者通訳・介助者養成研修

更新日:令和3年7月9日

 大阪府では、視覚と聴覚に重複して障がいのある盲ろう者の自立と社会参加を図るため、コミュニケーションと移動の支援を行う「盲ろう者通訳・介助者」の養成研修を実施しています。

 令和3年度の盲ろう者通訳・介助者養成研修は、以下のとおり実施します。
 なお、新型コロナウイルス感染拡大等の状況によっては、研修の中止・変更などを行うことがありますので予めご了承ください。

受講案内

 下記リンクからダウンロードしていただけます。

 受講案内・受講申込書[Wordファイル/118KB] [PDFファイル/214KB] 
  カリキュラム [Excelファイル/18KB][PDFファイル/81KB]

受講手続

1 受講資格

 盲ろう者福祉に熱意があり、盲ろう者通訳・介助者として活動することを誓約する方。また、すべてのカリキュラムを指定された日時に受講でき、大阪府内の市町村において盲ろう者向け通訳・介助者として活動できる方。ただし、暴力団員又は暴力団密接関係者は除きます。

2 募集定員

  60名
 ※昨年度研修を中止したため、昨年度の受講者を優先します。
 ※昨年度の受講者も、今年度の申し込みが必要です。

指点字によるコミュニケーション

触手話によるコミュニケーション

指点字
盲ろう者の指を6点入力の点字タイプライターに見立てて伝える方法

触手話
話し手が手話を表し、盲ろう者がその手に触れて伝える方法

3 受講期間

 令和3年9月14日(火曜日)から令和4年2月24日(木曜日)の期間で18日間(修了式除く)開講予定(詳細は「カリキュラム」参照)。

4 日程・カリキュラム

 受講案内の 「カリキュラム」のとおり

5 受講会場

 大阪府立福祉情報コミュニケーションセンター
 所在地 大阪市東成区中道1丁目3番59号
 ※一部オンラインにて開催予定(詳細は「カリキュラム」参照)。

6 費用

 受講料は無料です。
 ただし、次のテキストの費用と、研修に必要な交通費は自己負担ください。
 (1)盲ろう者通訳・介助者養成研修 基本テキスト    2,000円(税込)
   (全国盲ろう者協会編著「盲ろう者向け通訳・介助員養成講習会 指導者のための手引書」から)
 (2)盲ろう者の移動介助(東京盲ろう者友の会・発行)   550円(税込)
 (3)指点字ガイドブック(東京盲ろう者友の会・編著)   1,540円(税込)


7 申込方法

 受講案内の「受講申込書」に必要事項を記入の上、申込先まで、電子メールにて送付してください。(郵送またはファクシミリでの申込も可能です。)

8 申込受付期間

  令和3年7月15日(木曜日)から8月13日(金曜日)【必着】

9 申込先・お問合せ先

 社会福祉法人 大阪障害者自立支援協会(盲ろう者等社会参加支援センター)
 住所 〒537‐0025  
大阪市東成区中道1丁目3番59号
 電話 06-6748-0587
 ファクシミリ 06-6748-0589
 メールアドレス haken@daisyokyo.or.jp
 (番号やアドレスはお間違えのないようにお願いします。)

10 受講決定

 募集定員を超えた場合は、志望理由や取得しているコミュニケーション手段等による選考で受講者を決定します。
 受講の可否については、社会福祉法人大阪障害者自立支援協会(盲ろう者等社会参加支援センター)から通知します。

11 修了要件

 以下の要件をすべて満たす場合のみ修了と認めます。
 (1)全講義の8割以上の出席
 (2)移動介助実習1、2を全て受講
 (3)現場実習1、2を全て受講
 (4)修了テストで一定の基準に達した者
 ※修了要件に関わらず、欠席した講義及びオンライン研修についてはレポートの提出が必要です。

12 その他

 オンライン研修に必要なパスワード等は、申込書に記入いただいたメールアドレス宛に送付します。
 新型コロナウイルス感染の予防及び拡大防止のため、受講される方におかれましては、マスクの着用及び会場入場時に検温、消毒液による手指の消毒にご協力いただきますようお願いします。
 発熱のある場合や、体調不良(だるい、咳が出るなど風邪症状)の場合は、受講を控えていただきますようお願いします。

 

このページの作成所属
福祉部 障がい福祉室自立支援課 社会参加支援グループ

ここまで本文です。


ホーム > 障がい者の自立・社会参加支援 > 盲ろう者通訳・介助者養成研修