トップページ > 健康・福祉 > 障がい者福祉 > 障がい者の自立・社会参加支援 > 大阪府立障がい者交流促進センター(ファインプラザ大阪)の指定管理候補者の選定結果について

印刷

更新日:2022年11月11日

ページID:5282

ここから本文です。

大阪府立障がい者交流促進センター(ファインプラザ大阪)の指定管理候補者の選定結果について

大阪府では、大阪府立障がい者交流促進センター(ファインプラザ大阪)の管理運営を、より効果的かつ効率的に行うことを目的として、平成25年4月から指定管理者制度を導入しています。
令和5年4月1日から令和10年3月31日までの指定管理者を選定するための募集を行いました。
このたび、「大阪府立障害者交流促進センター指定管理者選定委員会」における選定の結果、以下のとおり指定管理候補者が決定しましたので、お知らせします。
今後、大阪府議会の議決を経て、指定管理者として指定する予定です。

指定管理者候補者の選定について

  • (1)指定管理候補者の住所及び名称
    住所 大阪市東淀川区瑞光一丁目15-24
    名称 公益財団法人フィットネス21事業団
  • (2)指定期間
    令和5年4月1日から令和10年3月31日まで

申請団体数、指定管理候補者

  • 申請団体数:1団体
  • 指定管理候補者:公益財団法人フィットネス21事業団

審査結果の概要

(1)選定理由、講評(大阪府立障害者交流促進センター指定管理者選定委員会コメント)

  • 障がい者施設としての実績(安定的運営)は評価できる。長年の実績を生かして、さらなる発展を期待したい。
  • 具体的な方策、連携施策など、障がい者スポーツの促進を提案しており、将来的な課題、新規展開についても積極的に取り組む姿勢を感じる。
  • 収支相償が求められる中、財政状況を良化することは困難であると思われるが、民間企業等の知見も取り入れ、安定した運営基盤を構築されるとともに、従来の地位に安住することなく、民間の同業他社の知見も活かしてほしい。
  • 利用者の増加のため、新規利用者の獲得のみならず、継続利用者の定着も図られたい。
  • PDCAを意識した評価や、エビデンスに基づいた事業の改善、新規の取組みの提案、自主事業のメニューを増やすなど、企画力を発揮していただきたい。
  • 障がい者と健常者を連携させるなど、既成概念にとらわれず実施していくことを期待する。
  • 駐車場の利用については、指定管理期間を通じ、利用状況の把握に努められたい。

(2)点数(点数の内訳、各委員ごとの点数は別添資料のとおり)

指定管理候補者 91.4点(100点満点中)

点数の内訳(PDF:41KB) 点数の内訳(ワード:57KB)

(3)募集の経緯

募集の経緯は、大阪府立障がい者交流促進センター(ファインプラザ大阪)の指定管理者についてをご確認ください。

(4)大阪府立障害者交流促進センター指定管理者選定委員会開催概要

ア.選定委員会委員の氏名

(五十音順、敬称略、◎委員長、○委員長職務代理者)

選定委員会委員の氏名
氏名 職名

◎相原 正道

大阪経済大学 人間科学部 教授

○岡田 忠克

関西大学 人間健康学部 教授

河内 茂治

枚方くずは法律事務所 弁護士

千本 暁子

阪南大学 経済学部 教授

吉田 豊道

吉田豊道綜合会計税務事務所 公認会計士

イ.委員選任の考え方

施設の設置目的や果たすべき役割、管理運営に係る法的課題、収支計画や安定的な経営基盤等、様々な意見を聴取するため、学識経験者、有識者、弁護士、公認会計士、経営分野の有識者の5名を選定した。

ウ.審査の経緯

第1回選定委員会 令和4年7月8日(金曜日)
議題:委員長の選任、募集要項及び審査基準の審議

第2回選定委員会 令和4年9月14日(水曜日)
議題:指定管理候補者の選定

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?