大阪府域における太陽光発電施設の地域との共生を推進する体制<大阪モデル>

更新日:2022年5月17日

大阪府域における太陽光発電施設の地域との共生を推進する体制<大阪モデル>

 太陽光発電施設に係る不適切案件及びトラブルの未然防止等を図り、地域と共生した太陽光発電事業の推進を図るため、国・府・関係市町村の「情報共有」「連携協力」を行っています。

大阪モデル   


(1) 太陽光発電施設の地域共生に向けた近畿経済産業局・大阪府連携協力会議 平成29年11月17日設置 設置要綱(令和4年4月1日改正)[PDFファイル/327KB]

(2) 太陽光発電施設の地域共生に向けた大阪府庁内連絡調整会議 平成29年11月17日設置 設置要綱(令和4年4月1日改正)[PDFファイル/352KB]

太陽光発電施設に関する市町村条例の雛形

 大阪府では、府内の市町村が条例制定を検討する際の参考となるよう、これまでに全国で制定された同様の条例などを参考に太陽光発電施設の設置等に関する条例の雛形を作成しました。

 太陽光発電施設に関する市町村条例の雛形について(平成30年12月26日) [PDFファイル/418KB]     

第1回合同会議(平成29年11月17日)

○会議議題

  1. 改正FIT法における事業計画認定と適正な事業実施について
  2. 大阪府における太陽光発電施設の適正設置に向けた現状と対応について

○会議資料

このページの作成所属
環境農林水産部 脱炭素・エネルギー政策課 スマートエネルギーグループ

ここまで本文です。


ホーム > 環境・リサイクル > 環境一般 > おおさかスマートエネルギーセンター > 大阪府域における太陽光発電施設の地域との共生を推進する体制<大阪モデル>