印刷

更新日:2024年6月20日

ページID:61543

ここから本文です。

省エネクイック診断

省エネクイック診断の申込み受付が、以下のとおり始まっています。
設備単位での省エネ診断が可能で、コスト削減につながるような設備の運用改善、費用対効果が高い高効率な設備への更新、および設備更新に活用できる補助金など、省エネにつながる有益な情報の提供が受けられます。

※令和5年度補正予算中小企業等エネルギー利用最適化推進事業費(中小企業等に向けた省エネルギー診断拡充事業費補助金)

1 省エネクイック診断とは

省エネクイック診断は、以下のような特徴のある省エネ診断です。

  • 省エネの専門家による直接診断
  • Webで簡単申込み
  • 1設備から診断可能(最大3種類の設備まで)
  • ウォークスルーで即日診断完了

→コスト削減につながるような設備の運用改善、費用対効果が高い高効率な設備への更新、および設備更新に活用できる補助金など、省エネにつながる有益な情報を提供

省エネクイック診断のちらし チラシのpdfファイルはこちら(外部サイトへリンク)

2 診断対象の事業所

  • 中小企業基本法に定める中小事業者
  • 会社法上の会社に該当せず、前年度もしくは直近1年間のエネルギー使用量(原油換算値)が1,500キロリットル未満の事業所

3 診断機関

診断機関の一覧表は、こちら(外部サイトへリンク)
※大阪府内の事業所については、「診断可能エリア」に「大阪府」又は「全国」と記載のある登録診断機関中から、診断機関を選択できます。

4 診断コースと診断料金

  1. 省エネ診断コース
    • (1)設備単位プラン 5,500円(税込み)/設備(2設備まで)
    • (2)まるっとプラン 16,500円(税込み)(1プランで、原則3設備)
  2. 効果測定コース(過去に省エネ診断を受診した事業者向けのコース)
    • (1)設備単位プラン 3,850円(税込み)/設備(2設備まで)
    • (2)まるっとプラン 11,550円(税込み)(1プランで、原則3設備)

※診断の対象となる設備
空調設備、照明設備、ボイラ・給湯器、受変電設備、コンプレッサ、デマンド、冷凍冷蔵設備、給排水・排水処理、生産設備、工業炉(以上の10種類)

5 診断申込み

ご希望の診断機関を選択した上で、省エネクイック診断申込書を、直接、次の送付先(電子メールアドレス)あてにお送りください。

省エネクイック診断申込書は、こちら(外部サイトへリンク)

〔送付先〕shindan_info@sii.or.jp

6 申込期限

令和7年1月上旬まで(予算の上限に達した場合、予定よりも早く受付を締め切ることもあります。)

7 問合せ先

一般社団法人環境共創イニシアチブ 省エネクイック診断担当
電話:0570-099-013(IP電話からは、042-204-0564)

※受付時間:10時から12時まで及び13時から17時まで(土曜日、日曜日及び祝日は休み)

※詳しくは、次のURLのページをご覧ください。
https://shoeneshindan.jp/guide/(外部サイトへリンク)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?