省エネコストカットまるごとサポート事業

更新日:2022年6月13日

 大阪府・大阪市が共同で設置する「おおさかスマートエネルギーセンター」では、「省エネでコストを削減し、経営基盤を強化したい」と考えておられる中小事業者を支援するため、省エネを実行するまでのプロセスの最初から最後までを切れ目なくサポートする「省エネコストカットまるごとサポート事業」を実施しています。

  1. 「省エネコストカットまるごとサポート事業」とは?
  2. 事業の申込みができる方
  3. 事業申込みの受付期間
  4. 費用
  5. 事業の流れ
  6. 申込方法等

1.「省エネコストカットまるごとサポート事業」とは?

 本事業は、経済産業省の「地域プラットフォーム構築事業(外部サイトを別ウインドウで開きます)」(国の補助金)を活用した
  1)大阪府と連携した省エネのプロ(省エネお助け隊)による支援
  2)省エネ診断から省エネ支援(運用改善の指導・設備更新の支援・補助金申請への助言)まで切れ目なくサポート
  3)国の補助金によりおトクな費用で利用できる支援制度です。

  事業の概要
  gaiyouhp
   ※ご希望をお聞きして支援項目を決定します。(補助金の申請代行及び設備更新にかかる費用は国補助金の対象外なので全額自己負担となります。)

省エネ診断

 お申込みいただいた事業者(以下「支援対象者」という。)のエネルギー使用状況を把握し、省エネできる項目を洗い出し、その省エネ取組みを検討するために省エネお助け隊の専門家等が支援対象者の事業所を訪れて調査を実施します。

省エネ支援

 省エネ診断で抽出した省エネ取組みのうち、運用改善の指導、設備更新の支援、補助金申請への助言などを行います。

支援を行う省エネのプロ(省エネお助け隊)

事業者名

特徴

電話

FAX

一般社団法人
カーボンマネジメントイニシアティブ
(外部サイトを別ウインドウで
開きます)

昨年度省エネ診断実績300件超。
幅広い分野に対応できる専門家がそろっています。

0120-828-488

(平日 9時〜17時30分)

0120-828-487
一般社団法人
省エネプラットフォーム協会
(外部サイトを別ウインドウで
開きます)

省エネルギーの専門家を28人擁する、
省エネのPDCAを支援するエキスパートの集団です。
06-6585-9241

(平日 10時〜16時)
06-6585-9273

ダイキン工業
株式会社
(外部サイトを別ウインドウで
開きます)

空調を中心に多数の省エネ診断の実績があります。
診断から補助金申請まで省エネ取組みを支援します。

06-6809-1913

(平日 9時〜17時30分)

06-6809-1917
株式会社
みのりアソシエイツ
(外部サイトを別ウインドウで
開きます)

補助金を活用した設備投資のご提案、
融資、優遇税制など省エネと経営力の向上を支援します。
078-595-9668

(平日 10時〜17時)
078-336-3448

 

2.事業の申込みができる方

 大阪府内に事業所を有する中小企業(※)又は原則として年間のエネルギー使用量(原油換算値)が1,500キロリットル未満の事業所医療法人、社会福祉法人、学校法人等の各種法人、団体等も含む。)
 注1)電気・ガス・その他エネルギー使用量の月別明細1年間分をご用意できる方に限ります
 注2)電力の契約種別が従量電灯のみの場合は対象外です。

(※) 中小企業の範囲(次のA・Bのいずれかを満たすこと)

区分(業種等)

資本金の額又は出資の総額(A)

常時使用する従業員の数(B)

製造業、建設業、運輸業、その他の業種

3億円以下

300人以下

卸売業

1億円以下

100人以下

サービス業

5,000万円以下

100人以下

小売業

5,000万円以下

50人以下

3.事業申込みの受付期間

 申込期限は令和4年11月30日(水曜日)18時まで

 ※事業の完了は令和5年1月31日(火曜日)まで

4.費用

省エネ診断

診断区分

支援対象者負担額

専門家1名による診断

10,120円(税込)

専門家2名による診断

15,400円(税込)

※国の補助金を活用しているため、支援対象者のご負担額は総額の1割となっています。
※振込手数料は支援対象者のご負担となります。
※専門家1名による診断が基本ですが、以下の条件を満たす場合は専門家2名による診断となる場合もあります。
 ・熱と電気の専門家による診断が必要な事業所
 ・年間エネルギー使用量が300キロリットル以上の事業所
 ・延べ床面積が1,000平方メートル以上の事業所
 ・建屋が2棟以上又は4階建て以上の事業所
 ・その他SII(国の補助金の執行団体)が個別に認めた場合

 

省エネ支援

 省エネ支援内容は、支援対象者の業種・規模・既存設備の導入時期等に応じて様々で、また、ご希望の支援項目によっても異なります。支援対象者と省エネお助け隊とで、実施する省エネ支援の項目とそれに係る費用を事前にお打ち合わせのうえ、ご契約いただきます。国の補助金を活用している為、おトクに省エネ支援を受けられます。
 なお、補助金の代行申請や設備の更新にかかる費用等は国補助金の対象外なので、全額自己負担となります。

5.事業の流れ

省エネ診断の流れ

    nagare1

省エネ支援の流れ

nagare2

6.申込み方法等 

 年間燃料使用量(原油換算値)の集計表 [Excelファイル/16KB]で原油換算燃料使用量を算出のうえ、お申し込みフォーム(外部サイト)に必要事項を入力して、データ送信してください。
 お申込みフォームを利用できない場合は(  [Excelファイル/20KB]  [PDFファイル/725KB])をダウンロードし、必要事項をご記入のうえ、次の申込先まで、電子メール又はFAXでお申込みください。

 <申込先>おおさかスマートエネルギーセンター(大阪府環境農林水産部脱炭素・エネルギー政策課内)   電話番号 06-6210-9254
   ・メールアドレス eneseisaku-01@gbox.pref.osaka.lg.jp   (件名:「省エネコストカットまるごとサポート申込み」と記載
   ・FAX 06-6210-9259

 ※申込後、おおさかスマートエネルギーセンターからご連絡いたします。また1年間分の月別エネルギー使用量の記入フォーマットをお送りいたしますので、ご記入いただき、ご返送願います。                                      

事業のチラシ

 省エネコストカットまるごとサポート事業チラシ [PDFファイル/985KB]

「省エネコストカットまるごとサポート事業」の活用事例

 「省エネコストカットまるごとサポート事業」を活用して、サポート事業者の支援を受けて省エネを進めた事業者の事例については、こちらをご覧ください。 

問い合わせ先

おおさかスマートエネルギーセンター

(大阪府農林水産部 脱炭素・エネルギー政策課 スマートエネルギーグループ)

電話 06-6210-9254

FAX 06-6210-9259

電子メール eneseisaku-01@gbox.pref.osaka.lg.jp  

このページの作成所属
環境農林水産部 脱炭素・エネルギー政策課 スマートエネルギーグループ

ここまで本文です。


ホーム > 環境・リサイクル > 環境一般 > おおさかスマートエネルギーセンター > 省エネコストカットまるごとサポート事業