印刷

更新日:2019年8月26日

ページID:19121

ここから本文です。

食の安全安心シンポジウム2019

「生で食べる文化」を深く考える

消費者が「生で食べること」について理解を深め食中毒予防に繋げていくために、シンポジウムを開催しました。
第1部の基調講演では、国士舘大学 原田教授から、「日本人はなぜ「生」が好きなのか~」というタイトルにて、食文化や歴史と食嗜好の観点から講演をいただきました。
第2部では、行政・ジャーナリスト・事業者・消費者、それぞれの立場でパネルディスカッションを行いました。
また、会場のみなさまとパネリストが意見交換を行いました。

1 とき

令和元年10月28日(月曜日)14時00分から16時40分(13時30分開場)

2 ところ

大阪府庁新別館北館4階 多目的ホール(大阪市中央区大手前3丁目1番43号)

3 共催

大阪市・堺市・豊中市・高槻市・枚方市・八尾市・寝屋川市・東大阪市

4 内容

第1部 基調講演

「日本人はなぜ『生』が好きなのか ~食文化、歴史と食嗜好の観点から~」
国士舘大学21世紀アジア学部 教授 原田 信男 氏

【基調講演の資料】スライド(PDF:284KB)
【基調講演の様子】
原田氏講演時の写真 会場の様子

第2部 パネルディスカッション及び意見交換

(1)パネルディスカッション
  • コーディネーター
    大阪大学COデザインセンター 准教授 八木 絵香 氏
  • パネリスト
    [有識者] 国士舘大学21世紀アジア学部 教授 原田 信男 氏
    [ジャーナリスト] 細見 三英子 氏
    [事業者] イオンリテール株式会社お客さまサービス部 部長 安達 智久 氏
    [消費者] 岡本 孝子 氏
    [行政] 大阪府健康医療部食の安全推進課 課長 河井 昭男 氏

【パネルディスカッションの様子】
パネルディスカッション時の写真1 パネルディスカッション時の写真2

(2)意見交換

5 次第

次第(PDF:277KB)

6 参加者アンケート

アンケート結果(PDF:280KB)

7 概要

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?