府内の史跡公園等の紹介【光滝寺境内】

更新日:2018年7月19日

光滝寺境内

所在地:大阪府河内長野市滝畑
種 類:市指定名勝
指定年月日:昭和44年4月17日
時 代: 
見学等の問合せ先:河内長野市教育委員会 ふるさと文化課
電  話:0721−53−1111
メール:furusatobunka@city.kawachinagano.lg.jp 
ホームページ:河内長野市(外部サイト)
アクセス:南海・近鉄「河内長野駅」より南海バス「滝畑ダム」行きに乗車し、「滝畑ダム」下車徒歩30分

光滝寺は、飛鳥時代欽明天皇の本願により行満上人の開基といわれています。本尊は不動明王(平安末期)です。

江戸時代には、葛城修験二十八宿の第十四宿であり、西国第四番の札所である槙尾山施福寺の奥院でもありました。現在境内には本堂・庫裏および炭焼不動堂が配置され、その裏手には光滝と呼ばれる滝があります。

境内周辺は動植物の種類も多く、恵まれた自然環境にあります。

このページの作成所属
教育庁 文化財保護課 文化財企画グループ

ここまで本文です。


ホーム > 都市魅力・観光・文化 > 文化・芸術 > 大阪府の文化財 > 府内の史跡公園等の紹介【光滝寺境内】