府内の史跡公園等の紹介【岩湧寺のカヤ】

更新日:2018年7月19日

岩湧寺のカヤ

所在地:大阪府河内長野市加賀田
種 類:市指定名勝
指定年月日:平成14年3月29日
時 代: 
見学等の問合せ先:河内長野市教育委員会 ふるさと文化課
電  話:0721−53−1111
メール:furusatobunka@city.kawachinagano.lg.jp 
ホームページ:河内長野市(外部サイト)
アクセス:南海「三日市町駅」より南海バス「神納」行きに乗車し、「神納」下車、徒歩90分

岩湧寺のカヤの木は岩湧山中腹の岩湧寺境内、重要文化財多宝塔の南側にそびえ立っています。樹高は約20mを測り、幹周は597cmあります。根元付近に空洞があるものの、幹と枝は中程から三方に分岐し、華麗な樹形を示しています。樹齢は450から550年と見られ、その当時岩湧寺を目指した修験者が植栽し、その後岩湧寺により保護されてきたと考えられます。

周辺は樹齢400年を越える杉や檜の生産林に囲まれており、独特の景観を作っています。また付近には茅場があり、岩湧山一帯に貴重な自然環境が保全されています。

このページの作成所属
教育庁 文化財保護課 文化財企画グループ

ここまで本文です。


ホーム > 都市魅力・観光・文化 > 文化・芸術 > 大阪府の文化財 > 府内の史跡公園等の紹介【岩湧寺のカヤ】