障がい福祉分野におけるICT導入支援事業

更新日:令和3年5月7日

障がい福祉分野におけるICT導入支援事業

大阪府では、国において令和元年度補正予算で創設された「障害福祉分野のICT導入モデル事業」を受け、モデル事業を実施しています。

本事業は、障がい福祉分野におけるICTの活用により、障がい福祉サービス事業所等における生産性向上を推進するため、障がい福祉サービス事業者等がICTを導入する際の経費を支援し、ICTの活用モデルを構築することを目的としています。

「障がい福祉分野のICT導入モデル事業」実施希望施設・事業所の募集

令和2年度(国第3次補正予算分)の募集については、こちらをご覧ください。 

令和2年度(国第3次補正予算分)の募集詳細

※令和2年度(国第3次補正予算分)の募集については、終了しました。

(参考)

令和元年度の募集詳細

「障がい福祉分野のICT導入モデル事業」導入事例

令和元年度のICT導入支援事業をご活用いただいた事業所の実例ををご紹介します。ご参考にしていただき、導入のご検討にご活用ください。

業務生産性を向上させるクラウド&ロボット活用 [PDFファイル/157KB]

お問い合わせ先

 〒540−8570
  大阪市中央区大手前2丁目 府庁別館1階
  大阪府障がい福祉室生活基盤推進課
  整備グループ
  ダイヤルイン:06−6944−6672
  ファクシミリ:06−6942−6674

このページの作成所属
福祉部 障がい福祉室生活基盤推進課 整備グループ

ここまで本文です。


ホーム > 障がい福祉分野におけるICT導入支援事業