府内の鉄軌道駅における円滑な移動等が困難な駅(段差のあるなどの駅)の現状と今後の整備等の概要について(2022(令和4)年4月現在)

更新日:2022年5月6日

府内の鉄軌道駅における円滑な移動等が困難な駅(段差のあるなどの駅)の現状と今後の整備等の概要について(2022(令和4)年4月現在)

 

府内の鉄軌道駅(利用者数3,000人以上/日)において円滑な移動等が困難な駅(段差があるなどの駅)の現状及び段差の解消のための整備及び計画等について、大阪府において調査をしたところ、その調査結果の概要は次のとおりです。
なお、整備中(計画を含む)欄の年度は完成予定年度であり、今後、事業の進捗状況により変更される場合があります。

関係市町

未解消駅数

施設

(1) 整備(計画を含む)予定

(2) 協議・検討

(3) その他

事業者

路線

大阪市

南海高野帝塚山

○(下り線)
(注)上り線は完成済み

阪急千里柴島2024年度 
阪急千里

下新庄

2024年度
阪急神戸・宝塚中津
堺市南海南海浜寺公園

2027年度

-

池田市

阪急

宝塚・箕面

石橋阪大前

柏原市

近鉄

大阪

堅下

2022年度

近鉄

大阪

法善寺

2022年度

東大阪市

近鉄

奈良

額田

近鉄

奈良

枚岡

貝塚市

JR

阪和

東貝塚

2023年度

▲このページの先頭へ 

このページの作成所属
都市整備部 住宅建築局建築環境課 住環境推進グループ

ここまで本文です。


ホーム > くらし・住まい・まちづくり > 建設・まちづくり > おおさかのあたりまえ/福祉のまちづくり > 府内の鉄軌道駅における円滑な移動等が困難な駅(段差のあるなどの駅)の現状と今後の整備等の概要について(2022(令和4)年4月現在)