第6期 飲食店等に対する営業時間短縮等協力金 (令和3年6月1日から6月20日まで)


ここから本文です。

更新日:令和3年6月21日

第6期 飲食店等に対する営業時間短縮等協力金 (要請期間:令和3年6月1日から6月20日まで)

 新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、緊急事態宣言が発令・延長されたことに伴い、大阪府では、令和3年6月1日から6月20日まで、大阪府全域で緊急事態措置を実施しています。それに伴い、大阪府内の飲食店等に対し、営業時間の短縮要請(以下「時短要請」という。)及び施設の休止要請(以下「休業要請」という。)を行っています。
 この時短要請及び休業要請にご協力いただいた事業者の皆様に対し、「第6期 飲食店等に対する営業時間短縮等協力金」を支給いたします。  
 

対象施設 

 食品衛生法の飲食店営業許可又は喫茶店営業許可を受けている店舗
 
    【飲食店】      飲食店、喫茶店、居酒屋等 ※宅配・テイクアウトサービスを除く
     【遊興施設】   バー、カラオケボックス等 
     【結婚式場】   結婚式場
 

支給要件

(1)通常午後8時を超えて営業する施設において、酒類の提供(利用者が酒類を店内に持ち込む場合を含む)及びカラオケ設備の提供を
  しないで※、午後8時までの間に営業時間を短縮又は休業すること。 ※通常酒類又はカラオケ設備の提供をしない場合を含む。

(2)通常午後8時までの営業時間で酒類の提供(利用者が酒類を店内に持ち込む場合を含む)又はカラオケ設備を提供する施設におい
   て、休業すること。
  

支給額

zu3

申請に必要な書類

次の書類の提出をお願いする予定です。

○第6期飲食店等に対する営業時間短縮等協力金支給申請書
○第6期飲食店等に対する営業時間短縮等協力金支給要件確認書
○誓約・同意書
○本人確認書類の写し※1
○振込先確認書類※1
○食品衛生法における飲食店営業許可又は喫茶店営業許可の許可証の写し※1
○店舗名(屋号)がわかる店舗の外観の写真※1
○営業時間の短縮、休業したことがわかる写真等
○酒類の提供(利用者が酒類を店内に持ち込む場合を含む。)又はカラオケ設備の提供をしていなかったことがわかる写真等※2
○大阪府「感染防止宣言ステッカー」を店舗に掲示している写真※1
○事業所得のわかる確定申告書の写し等※1
○店舗の前年度又は前々年度の飲食部門の売上高がわかる書類の写し等※3

※1  過去に大阪府営業時間短縮協力金などを受給又は申請している場合は、提出を省略できる場合があります。
※2  酒類の提供等をしないで、時短営業している場合のみ提出要 
※3  1日当たりの売上高(前年度又は前々年度)が10万円以下で、4万円/日を申請される場合は提出は不要です。
 

申請受付等

 上記の他、申請受付期間や申請方法等の詳細については、後日、府のホームページ等でお知らせします。

 ※本協力金のお問い合わせについては、後日、専用コールセンターを開設して対応させていただきます。ご理解賜りますよう、よろしく
      お願いいたします。



令和3年6月21日から、このページの作成所属は「商工労働部協力金推進室」となっております。 

このページの作成所属
商工労働部 中小企業支援室経営支援課 企画調整グループ

ここまで本文です。