市町村のバリアフリー基本構想作成状況(基本構想とは・目次)

更新日:令和2年4月16日

市町村の移動等円滑化促進方針・基本構想の作成状況(令和2年4月現在)

 

1 移動等円滑化促進方針・基本構想とは

    ・バリアフリー法において、市町村は、国が定める基本方針に基づき、単独で又は共同して、当該市町村の区域内の旅客施設を中心とする地区や、
     高齢者、障害者等が利用する施設が集まった地区について、移動等円滑化の促進に関する方針(移動等円滑化促進方針)又は移動等円滑化に
     係る事業の重点的かつ一体的な推進に関する基本的な構想(基本構想)を作成するよう努めるものとされています。

     これらの移動等円滑化促進方針及び基本構想に基づき、施設が集積する地区において、面的・一体的なバリアフリー化を推進することによって、
     誰もが暮らしやすいまちづくりを進めていくことにつながり、さらにはコンパクトシティなどの人口減少時代における都市の在り方に関して、
     ひとつの重要な視点を具体的に示すことにもつながります。

     なお、移動等円滑化促進方針及び基本構想には、以下のようなねらいがあります。
     <移動等円滑化促進方針>
      旅客施設を中心とした地区や、高齢者、障害者等が利用する施設が集まった地区(移動等円滑化促進地区)において、面的・一体的な
      バリアフリー化の方針を示し、広くバリアフリーについて考え方を共有し、具体の事業計画であるバリアフリー基本構想の作成に繋げていく。
     <基本構想>
      旅客施設を中心とした地区や、高齢者、障害者等が利用する施設が集まった地区(重点整備地区)において、公共交通機関、建築物、道路、
      路外駐車場、都市公園、信号機等のバリアフリー化を重点的かつ一体的に推進する。

      (国土交通省 ホームページから)

 

    ・移動等円滑化促進方針・バリアフリー基本構想作成に関するガイドライン
      (第1章から第3章):http://www.mlit.go.jp/common/001285505.pdf
      (第4章)      :http://www.mlit.go.jp/common/001285506.pdf
      (第5章から第8章):http://www.mlit.go.jp/common/001285507.pdf
      (参考資料編)  :http://www.mlit.go.jp/common/001285503.pdf

 

2 ご覧になりたい市町名をクリックして下さい。(順不同)

大阪市 ・ 堺市

豊中市 ・ 池田市 ・ 吹田市 ・ 高槻市 ・ 茨木市 ・ 箕面市 ・ 摂津市 ・ 島本町 

守口市 ・ 枚方市 ・ 寝屋川市 ・ 大東市 ・ 門真市 ・ 四條畷市 ・ 交野市

八尾市 ・ 富田林市 ・ 河内長野市 ・ 松原市 ・ 柏原市 ・ 羽曳野市 ・ 藤井寺市 ・ 東大阪市 ・ 大阪狭山市 

岸和田市 ・ 貝塚市 ・ 泉佐野市 ・ 和泉市 ・ 高石市 ・ 泉南市 ・ 阪南市  

このページの作成所属
住宅まちづくり部 建築指導室建築企画課 福祉のまちづくり推進グループ

ここまで本文です。


ホーム > くらし・住まい・まちづくり > 建設・まちづくり > おおさかのあたりまえ/福祉のまちづくり > 市町村のバリアフリー基本構想作成状況(基本構想とは・目次)