ぶどう・ワインに関するページ

更新日:2022年7月4日

ぶどう・ワインに関するページ

 大阪のぶどう、ワインに関するページです。

hatake derauea kyohou glasswine wine
                           
     

お知らせ

 令和4年3月16日(水曜日) 大阪ワインが、「100年フード」に認定されました!
 令和4年1月4日(火曜日)  「GI大阪」第2回認定ワインが誕生しました!
 令和3年11月24日(水曜日) GI大阪ワインが国際ワインコンペティションで銀賞、銅賞を受賞しました!
 令和3年8月10日(火曜日) GI大阪ワインの販売を開始しました!
 令和3年7月26日(月曜日) 直売所情報に、「はびきの駒ヶ谷ぶどうMAP [PDFファイル/302KB]」を新たに掲載しました!

大阪ワインが、「100年フード」に認定されました!

                  認定宣言  認定宣言書はこちら [PDFファイル/282KB]

大阪ワインが、このたび文化庁が認定する「100年フード」に認定されました。
             
「100年フード」とは、次の1から3までのすべてを満たすものです。
 1 地域の風土や歴史・風習の中で個性を活かしながら創意工夫され、育まれてきた地域特有の食文化
 2 地域において、世代を超えて受け継がれ、食されてきた食文化
 3 その食文化を、地域の誇りとして、100年を超えて継承することを宣言する団体が存在する食文化

   「100年フード」ホームページはこちら(外部サイト)

大阪ワインは、明治・大正に生み出された食文化として、近代の100年フード部門で認定されています。

「GI大阪」第2回認定ワインが誕生しました!

令和3年12月、地理的表示「大阪」管理委員会による第2回審査会が開催され、新たにGI大阪ワイン(3社5銘柄)が誕生しました。
大阪産のデラウェア品種のワインが4銘柄出品され、大阪らしい造り手の個性が伝わるラインアップとなっています。
「GI大阪」のロゴマークを添付したワインが各社直売所等で販売されますので、ぜひお手に取っていただき、お楽しみください。

 GI大阪ロゴマークgiwain

「GI大阪」第2回認定ワインと主な販売場所

種類銘柄ワイナリー主な販売場所

飛鳥 デラウェア 2021飛鳥ワイン株式会社
(外部サイトを別ウインドウで開きます)
自社直売所(羽曳野市飛鳥)
自社ネット販売
酒屋、百貨店、他社ネット販売
金徳葡萄酒 デラウェア 2021株式会社河内ワイン
(外部サイトを別ウインドウで開きます)
自社直売所(羽曳野市駒ヶ谷)
つむぐ 大阪産デラウェア 2021カタシモワインフード株式会社
(外部サイトを別ウインドウで開きます)
自社直売所(柏原市太平寺)

大阪葡萄酒カタシモワインフード株式会社
(外部サイトを別ウインドウで開きます)
自社直売所(柏原市太平寺)
KURAND
(外部サイトを別ウインドウで開きます)

スパーク
リング

自社畑 宮ノ下 スパークリング デラウェア 2019カタシモワインフード株式会社
(外部サイトを別ウインドウで開きます)
自社直売所(柏原市太平寺)
自社ネット販売
酒屋、百貨店、他社ネット販売

※販売場所などの詳細については、各ワイナリーのホームページ等をご確認ください。
※各銘柄とも数に限りがあります。 

GI大阪ワインが、国際ワインコンペティションで銀賞、銅賞を受賞!

府内ワイナリーが海外で評価されました!

 このたび、アジア最大級の国際ワインコンペティションである「香港インターナショナル・ワイン&スピリッツ・コンペティション」において、GI大阪ワイン3銘柄が次のとおり受賞しましたのでお知らせします。
 大阪産ぶどう100%で作られたGI大阪ワインの受賞は、大阪で培われ、磨かれたワインの味わいが海外で評価された結果で、この受賞を契機に、府内産ワインの一層の輸出拡大をめざしていきます。
                               
 ※「GI大阪ワイン」とは、大阪で収穫されたぶどうのみを使用し、一定の基準を満たしたワインが、審査会を経て認証されるものです。デラウェアを中心とした食用品種が主体であり、全体的に凝縮された果実味と穏やかな酸味、ほどよい旨みを感じることができ、心地よい余韻が残るのが特徴です。
     
 【ワイン部門】 

     賞  銘柄ワイナリー名ブドウ品種と割合
 銀賞飛鳥デラウェア2020飛鳥ワイン株式会社大阪産デラウェア100%
 銅賞合名山シャルドネ木樽熟成2020カタシモワインフード株式会社大阪産シャルドネ100%
 銅賞飛鳥スパークリングデラウェア2019飛鳥ワイン株式会社大阪産デラウェア100%
    
                              

GI大阪ワインの販売を開始しました!

 令和3年6月30日に、大阪のワインが「GI大阪」として、国税庁から酒類の地理的表示(GI : Geographical Indication)の指定をされたことを受け、令和3年7月14日に選定会が開催され、初のGI大阪ワインが誕生しました。
 8月10日から、「GI大阪」のロゴマークを添付したワインが各社直売所等で販売されます。

 「GI大阪」ワインは、生産量全国第3位のデラウェア等の食用品種を主体とした大阪府産ぶどうのみを使用し、大阪府内で製造から瓶詰めまで行われています。
 大阪生まれの「GI大阪」ワインを、ぜひお手に取っていただき、ご自宅でお楽しみください。

GI大阪ロゴマークGI大阪ワイン

GI大阪ワインと主な販売場所

種類銘柄ワイナリー主な販売場所

飛鳥デラウェア2020飛鳥ワイン株式会社
(外部サイトを別ウインドウで開きます)
自社直売所(羽曳野市飛鳥)
自社ネット販売
酒屋、百貨店、他社ネット販売
Osaka Delaware2018仲村わいん工房
(外部サイトを別ウインドウで開きます)

-

金徳葡萄酒 デラウェア 2020株式会社河内ワイン
(外部サイトを別ウインドウで開きます)
自社直売所(羽曳野市駒ヶ谷)
大阪WHITE 2019株式会社パピーユ
(外部サイトを別ウインドウで開きます)
自社直売所(大阪市中央区東心斎橋)
自社ネット販売
大阪デラウェア2020株式会社パピーユ
(外部サイトを別ウインドウで開きます)
自社直売所(大阪市中央区東心斎橋)
自社ネット販売
合名山シャルドネ木樽熟成 2020カタシモワインフード株式会社
(外部サイトを別ウインドウで開きます)
自社直売所(柏原市太平寺)
自社ネット販売

大阪葡萄酒カタシモワインフード株式会社
(外部サイトを別ウインドウで開きます)
KURAND
(外部サイトを別ウインドウで開きます)

スパーク
リング

たこシャン 2020カタシモワインフード株式会社
(外部サイトを別ウインドウで開きます)
自社直売所(柏原市太平寺)
自社ネット販売
酒屋、百貨店、他社ネット販売
飛鳥スパークリングデラウェア 2019飛鳥ワイン株式会社
(外部サイトを別ウインドウで開きます)
自社直売所(羽曳野市飛鳥)
自社ネット販売
酒屋、百貨店、他社ネット販売
大阪デラウェアスパークリング  2019木谷ワイン
(外部サイトを別ウインドウで開きます)
酒のあべたや(奈良県磯城郡田原本町)

※販売場所詳細については、各ワイナリーのホームページ等をご確認ください。
※各銘柄とも数に限りがあります。
     

関連リンク

大阪ワイナリー協会(地理的表示「大阪」管理委員会)(外部サイト)

国税庁 酒類の地理的表示(外部サイト)
          
     

「グローバル産地づくり推進事業」に取り組む府内ワイナリーが、国際コンペティションで銅賞を受賞!

大阪産デラウェアで作られたワインが海外で評価されました!

 大阪府では、100年の歴史をもつ府内産ワインの輸出拡大をめざし、ワインの醸造・販売や醸造用のぶどう栽培を応援する「グローバル産地づくり推進事業」に、府内ワイナリー等とともに取り組んでいます。
 このたび、アジア最大級の国際ワインコンペティションである「香港インターナショナル・ワイン&スピリッツ・コンペティション」において、大阪のワイン4銘柄が次のとおり受賞しましたのでお知らせします。       
 受賞したすべてのワインに使われたデラウェアは大阪において大正時代から栽培されている小粒のぶどう品種で、全国第3位の生産量を誇ります。大阪では昔からワインに醸造されていますが、世界的にみるとワインへの利用はめずらしく、大阪を特徴づける品種と言えます。
 デラウェア100%で作られたワインの受賞は、大阪で培われ、磨かれたワインの味わいが海外で評価された結果で、この受賞を海外飛躍の機会ととらえ、関係者一丸となって、府内産ワインの輸出拡大をめざしていきます。
     
 【ワイン部門】 

     賞  銘柄ワイナリー名ブドウ品種と割合
 銅賞宮ノ下スパークリング2014カタシモワインフード株式会社大阪産デラウェア100%
 銅賞飛鳥デラウェア2019飛鳥ワイン株式会社大阪産デラウェア100%
 銅賞大阪デラウェア株式会社パピーユ大阪産デラウェア100%
 銅賞プティプティ株式会社パピーユ大阪産デラウェア100%
         

コロナ禍のピンチをチャンスに!
生産者の販路拡大に向けて
「ポケットマルシェ」と連携した柏原市特設サイトがオープン!

 この度、新型コロナウイルス感染症の感染拡大により影響を受けている生産者支援の一環として、農産物等の販売促進を目的に、生産者と消費者を直接つなぐ食材ネット通販「ポケットマルシェ」内にて、柏原市産農産物の特設サイトが開設されました。
 この特設サイトには、地域の魅力を紹介する記事や生産者の取材記事が掲載されています。
 さらに、現在ポケットマルシェに登録されている柏原市内生産者12名の商品ページへの導線が設計されており、これまで遠方から直売所に買いに行かなければ手に入れられなかった方や柏原ぶどうを食べたことがない方などにも、パソコンやスマートフォンで購入していただくことが可能となっています。
 ご興味のある方は、ぜひ次のリンク先ページをご確認ください。 

  特設サイト(外部サイト)

クラウドファンディング「大阪ワイナリー応援プロジェクト」が始まります!(終了しました)

 もうすぐぶどうの収穫時期ですが、新型コロナウイルス感染症の影響で、大阪府内のワイナリーの樽にはたくさんのワインが残っている状況です。このままでは、各ワイナリーでは今年のワインの醸造ができない又は今残っているワインを廃棄することになります。
 そこで、大阪ワイナリー協会では、ご支援をいただくため、ワイン等をリターンとするクラウドファンディングを実施します。
 ご興味のある方は、次のリンク先ページをご確認ください。

もうすぐ始まる葡萄の収穫とワイン造り。大阪ワイナリー応援プロジェクト!(外部サイト)

(実施期間 令和2年7月17日から8月10日まで)
 

「柏原市ワイン用デラウェア栽培塾」受講生を募集します!(終了しました)

大阪ワイン用ぶどうの担い手になりませんか

  このたび、日本有数のデラウェアの産地であり、古くからワイナリーとともに発展してきた柏原市で、安定した地元産ワイン製造と農地の活用による特産品づくりを進めるため「柏原市ワイン用デラウェア栽培塾」を開催します。
 この栽培塾では、ワイン用デラウェア生産者の育成を図ることを目的に、実習を通してより実践的に栽培技術を学び、受講後は受講生自らが農地を借りてぶどう栽培を行えることをめざします。
 ご興味のある方は、次のリンク先ページをご確認いただき、是非ご応募ください!

 「ワイン用デラウェア栽培塾」を開催します(柏原市ホームページ)(外部サイト)

G20大阪サミットで大阪産(もん)が活用されました!

令和元年6月28日・29日にインテックス大阪で開催されたG20大阪サミットの首脳夕食会などの公式行事やその他関連行事において、115品目の大阪産(もん)食材や大阪産(もん)名品を含む加工品が採用され、世界に向けた大阪の食の魅力発信につながりました。

参考)大阪サミットで活用された大阪産(もん)食材等について


そのうち、ぶどう・ワインに関しては次のとおりです。

6月27日 地元歓迎レセプション
・合名山北畑デラウェアスパークリング2015(カタシモワイナリー)
・飛鳥の秀逸畑から 完熟のシャルドネ(飛鳥ワイン)
・利果園 白 堅下本葡萄2017(カタシモワイナリー)
・金徳葡萄酒 マスカットベリーA(河内ワイン)
・がんこおやじの手作りワイン(仲村ワイン工房)

6月28日 ワーキング・ランチ
・デラウェア寒天(デザート)
・宮ノ下スパークリング2014(カタシモワイナリー)

6月28日 首脳夕食会・カクテルメニュー
・グラッパ:葡萄華35度デラウェア葡萄・樽熟(カタシモワイナリー)
・合名山北畑デラウェアスパークリング2015(カタシモワイナリー)

6月28日 外相夕食会
・合名山 シャルドネ木樽熟成 2017(カタシモワイナリー)
・カタシモワイン合名山メルロー(カタシモワイナリー)

6月28日・29日 コーヒーブレイク
・ぶどう100%ジュース(中村オリジナルぶどう園)

6月28日・29日 プレスダイニング、代表団レストラン
・デラウェア(大阪南農業協同組合、大阪中河内農業協同組合)      

6月28日・29日 大阪・関西魅力発信スペース
・デラウェア(全国農業協同組合連合会大阪府本部)
・カタシモのひやしあめ濃縮(カタシモワイナリー)
・大阪産デラウェアジュース(カタシモワイナリー)  
             

ぶどう狩り、体験

各市の観光農園一覧ページです。
(大阪府でブドウ狩りができる時期は、6月中旬頃から10月中旬頃です。)

  

大阪のぶどうの紹介

大阪のぶどう産地をご紹介します。

ワイナリー情報

大阪府内のワイナリーを紹介します。

jyouzousyo sennjyou taru

イベント情報

イベント一覧を掲載しています。

   pione  masukatto

   

直売所情報

その他

大阪府内のぶどう・ワインに関する取り組みを紹介しているページです。

リンク

このページの作成所属
環境農林水産部 流通対策室 産業連携グループ

ここまで本文です。