大阪市立大学工学研究科とのドローンを活用した活動の推進に係る連携協定について

更新日:令和元年12月10日

大阪市立大学大学院工学研究科とドローンを活用した活動の推進に係る連携協定を締結しました!

 令和元年12月4日、大阪府環境農林水産部と大阪市立大学大学院工学研究科は、無人航空機(ドローン)を活用した活動の推進に係る連携協定を締結しました。
 本協定は、「行政の現場力」と「大学の知」を結集し、「農」と「緑」の分野におけるドローンの活用を推進することで、当該分野に係る業務の高度化・スマート化に取り組むことを目的としています。

(取組みのポイント)

 まずは、森林地域における開発規制業務の高度化・スマート化を進めるため、泉州地域の実際の現場を実証フィールドとして、以下に取り組みます。
 ・高低差のある山間地における自動飛行・空撮技術の開発と検証
 ・ドローンの空撮データを基に地形図や3Dモデルデータの作成、それによる現況や地形の変化の把握
 ・ドローン活用を前提にした現場調査・監視手法の確立と現場への導入

 さらに今後、災害後の森林・ため池における被害状況の把握、農林業分野や地域活性化への活用・展開について検討していきます。

ドローン飛行の様子 ドローン飛行の準備の様子

(締結式の概要)

・日時 令和元年12月4日(水曜日)11時から11時30分まで
・場所 大阪市立大学 学術情報総合センター1階 ツクルマ
・出席者 府 南部・環境農林水産部長、原田・泉州農と緑の総合事務所長
      大学 辻・公立大学法人大阪理事、長崎・工学研究科長

締結式の記念撮影の写真  ドローンによる記念撮影の写真
                                   ドローンによる集合写真の撮影

このページの作成所属
環境農林水産部 泉州農と緑の総合事務所 みどり環境課

ここまで本文です。


ホーム > 農林・水産業 > 農と緑の総合事務所・研究所 > 泉州農と緑の総合事務所/まるごと泉州 > 大阪市立大学工学研究科とのドローンを活用した活動の推進に係る連携協定について