トップページ > しごと・産業 > 産業情報 > 畜産業 > 畜産に関すること > 大阪府酪農・肉用牛生産近代化計画

印刷

更新日:2012年3月29日

ページID:25075

ここから本文です。

大阪府酪農・肉用牛生産近代化計画

大阪府酪農・肉用牛生産近代化計画 (令和4年3月28日策定)

酪農・肉用牛生産近代化計画の策定について

国は「酪農及び肉用牛生産の振興に関する法律」に基づき、酪農・肉用牛生産の健全な発展と牛乳・乳製品、牛肉の安定供給に向けた取組や施策の方向性を示す「酪農及び肉用牛生産の近代化を図るための基本方針」を策定して、概ね5年毎に見直しを行っています。その基本方針を受け、都道府県は「酪農・肉用牛近代化計画」を策定することとなっています。

令和2年3月に、国が令和2年度から12年度を計画期間とする新しい基本方針を策定したことを受け、大阪府における「酪農・肉用牛生産近代化計画」を見直し策定しました。

大阪府酪農・肉用牛近代化計画の目標等

目標(指標)項目

(目標年又は年度)

初期数値

(年又は年度)

経産牛1頭当たり年間乳量 9,200キログラム

肉用牛総頭数 720頭

(令和12年度)

9,346キログラム

 650頭

(平成30年度)

【参考】

【参考資料】

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?