点群データについて

更新日:2024年2月6日

点群データのオープンデータ化

点群データは、地形や建物等の地物の形状を複数の点で表したデータで、このデータを使うと、例えば、実物と極めて近いコンピューターグラフィックス化などが可能で、防災やまちづくり、観光などの幅広い分野での展開が期待されるものです。
こうした点群データの有意性を踏まえ、この度、大阪府の保有する点群データを順次、オープンデータ化していくこととしました。

ぜひ、ご活用ください。

点群データの提供について

点群データは、G空間情報センターへの掲載により公開しています。
現在、山間部の地形等に関する点群データを掲載しています。
この点群データにより、視覚的・直観的な地形判読が可能で、地滑り地形、深層崩壊跡地形といった危険性の高い場所の予測等につなげることができます。
以下のサイトよりご利用ください。

 
※画像をクリックすると、外部サイトへアクセスいたします。

点群データの利用(法的手続きが必要になる場合があります)について

点群データを測量等で使用する場合は、測量法による申請等が必要になることがあります。
※閲覧、学習のための利用等、点群データを測量等で使用しない利用については申請等不要です。

測量等に使用する場合や不明な点等ありましたら、以下のお問合せ先までお問合せください。

・山間部の地形等に関する点群データについては、環境農林水産部みどり推進室森づくり課森林整備グループあてご連絡ください。(メールアドレス:morizukuri@sboz.pref.osaka.lg.jp

今後追加されるデータについては、当該追加されるデータを所管する所属が窓口となります。



このページの作成所属
スマートシティ戦略部 戦略推進室戦略企画課 企画推進グループ

ここまで本文です。