大阪府建築行政マネジメント計画に関すること

更新日:令和2年7月27日

大阪府建築行政マネジメント計画(第2次)

 「大阪府建築行政マネジメント計画」は、限られた人員・予算の中、特定行政庁、指定確認検査機関、指定構造計算適合性判定機関及び建築士団体等が連携して、適正かつ効率的に建築基準法・建築士法を運用することにより、建築物の安全性確保について最大限の効果が得られるよう、その法運用を総合的にマネジメントするための基本指針であり、本計画に基づく取組みにより、建築行政の実効性確保に資することを目的として定めるものです。 

 この度、第1次計画の実施期間終了に伴い、新たに「大阪府建築行政マネジメント計画(第2次)」を策定しました。

計画の実施期間

令和2年度から令和6年度まで

計画の概要

大阪府建築行政マネジメント計画(第2次) 概要版 [その他のファイル/174KB] [PDFファイル/1.09MB]

計画の本編

大阪府建築行政マネジメント計画(第2次) 本編 [Wordファイル/1.04MB] [PDFファイル/2MB]

【計画の内容】

目次

1 計画の概要 

2 計画の対象と役割 

3 計画の推進体制

4 施策の方向性と体系

5 施策の取組み

6 計画・取組みの評価

[参考1]用語の解説

[参考2]取組主体と協力団体 

 

このページの作成所属
住宅まちづくり部 建築指導室建築安全課 計画・指導グループ

ここまで本文です。