新型コロナウイルス感染症患者の医療費公費負担について

更新日:令和2年8月26日

新型コロナウイルス感染症患者の医療費公費負担について

都道府県知事は、新型コロナウイルス感染症のまん延を防止するため必要があると認めるときは、感染症指定医療機関へ入院することを勧告することができます。
ただし、緊急その他やむを得ない理由があるときは、感染症指定医療機関以外の病院若しくは診療所であって当該都道府県知事が適当と認めるものに入院することを勧告することができます。

また、入院治療に要する医療費については、必要な費用を公費で負担します。
(※ただし、世帯員の市町村民税の総所得割額が56万4千円を超える方は、月額2万円を上限として、一部負担があります。)

入院勧告を受けた方、又は患者を受け入れる医療機関は、下記により手続きをお願いいたします。

感染症指定医療機関での入院医療費について

手続方法

お住まいの地域にある保健所(※)へ次の書類を提出してください。
(※入院勧告をした保健所がお住まいの地域にある保健所と異なる場合は、提出先についてお問い合わせください。)

<提出書類>
1.入院医療費公費負担申請書 [Wordファイル/13KB]
2.患者世帯の一定の範囲員の者の所得を証明するもの、及び住民票

根拠法令

感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第37条

<参考>府内の感染症指定医療機関について

大阪府の感染症対策施策等について(大阪府ホームページ)

感染症指定医療機関以外での入院医療費について

感染症指定医療機関以外での入院時にかかった医療費は、感染症法では、(1)医療機関で一旦お支払いいただき、(2)後日、都道府県等に請求し、同額の支給を受けていただくことになっています。
ただし、同意がある場合は、この手続きを省略し、医療機関での支払額(1)と後日受けられる支給額(2)を相殺することで、医療機関で入院費用をお支払いいただく必要がなくなります※
(※ただし、世帯員の市町村民税の総所得割額が56万4千円を超える方は、月額2万円を上限として、一部自己負担があります。)

手続方法

お住まいの地域にある保健所(※)へ次の書類を提出してください。
(※入院勧告をした保健所がお住まいの地域にある保健所と異なる場合は、提出先についてお問い合わせください。)

<提出書類>
1.入院療養費支給申請書 [Wordファイル/24KB](※【療養費支給に関する申請者同意欄】にチェックをしてください。)
2.患者世帯の一定の範囲員の者の所得を証明するもの、及び住民票

根拠法令

感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第42条

注意事項

  大阪府内において保健所を設置する市は、大阪市、堺市、高槻市、東大阪市、豊中市、枚方市、八尾市、寝屋川市、吹田市です。
  この各市に居住の方は、各市の保健所で申請となりますので、各市の保健所にお問い合わせ下さい。

その他参考情報

■ 新型コロナウイルス感染症について

■ 国関連通知(外部サイト)

このページの作成所属
健康医療部 保健医療室感染症対策企画課 感染症・検査グループ

ここまで本文です。