動物用医薬品及び動物用医療機器の販売等について

更新日:平成25年4月2日

これから動物医薬品販売業許可の申請をされる方へ

動物用医薬品販売業の許可は以下のとおりです。

 (1)動物用医薬品店舗販売業      :薬剤師または動物用医薬品登録販売者の資格が必要。
                         動物用医薬品登録販売者は取り扱える動物用医薬品の品目が
                         限られる。

 (2)動物用医薬品卸売販売業    :薬剤師または動物用医薬品登録販売者の資格が必要。
                         動物用医薬品登録販売者は取り扱える動物用医薬品の品目が
                         限られる。  卸売のみ可能。

 (3)動物用医薬品特例店舗販売業 : 薬剤師等の資格は不要。
                          取り扱える動物用医薬品の品目とその数が限られる。

 (4)動物用医薬品配置販売業    :区域管理者は薬剤師又は動物用医薬品登録販売者の資格が必要。
                          又、配置販売に従事する者は知事に届出が必要。
                        取り扱える動物用医薬品の品目が限られる。

      
また、動物用医療機器の販売・賃貸業を営もうとするには下記の許可・届出が必要となります。
 
    動物用高度管理医療機器等販売・賃貸業許可
    動物用管理医療機器等販売・賃貸業届出

 上記申請・届出についての詳細な案内はこちらをご覧ください(ピピっとネット)

このページの作成所属
環境農林水産部 動物愛護畜産課 畜産衛生グループ

ここまで本文です。


ホーム > 農林・水産業 > 畜産業 > 畜産の広場 > 動物用医薬品及び動物用医療機器の販売等について