食品営業許可関係

案内番号:0000-0153

実施案内

食品営業許可に関する手続きです。

【重要】

令和3年6月1日から食品衛生法が改正されたことにより、申請様式等が新しくなりました。

令和3年6月1日以降に営業許可申請(新規または継続)、営業届出をされた方は、(新)の様式を使用してください。

令和3年5月31日以前に営業許可を取得され、令和3年6月1日以降に継続申請をされていない方で、

書換え申請や変更届等を提出する場合は、従来どおり(旧)の様式を使用してください。

問合せ窓口

営業所所在地の管轄保健所(大阪府内各保健所、大阪市内各生活衛生監視事務所、堺市保健所、豊中市保健所、吹田市保健所、高槻市保健所、枚方市保健所、八尾市保健所、寝屋川市保健所及び東大阪市保健所)
※各保健所の問合せ先については、参考リンクの「大阪府保健所所在地一覧」をご覧ください。

参考リンク

参考資料


(旧)生食用食肉取扱者設置・変更の届出

申請案内

【注意】

こちらの様式は令和3年5月31日までに許可を取得され、令和3年6月1日以降に継続申請されていない方が使用できます。

令和3年6月1日以降に許可申請(新規または継続)された方は、

ページ下部の申請案内のリンク「(新)営業許可申請事項変更の届出」の様式を使用してください。

申請に必要なもの

費用が、不要(無料)です。

手続きには、次のものが必要です。

1 生食用食肉取扱者設置・変更届出書

2 生食用食肉取扱者の資格を証する書類

 

※証明書類は原則は原本ですが、やむをえない事情がある場合、申請者等の責任において原本の確認を行った上で、「本証は原本と相違ない」ことと「申請者等の氏名」を、写しの余白に記入して証明したものを提出してください。

<参考>

○生食用食肉取扱者になりうる資格
(1) 食品衛生管理者となる資格を有する者(食品衛生法第48条第6項第4号に該当する者にあっては、食肉製品製造業(同条第7項に規定する製造業に限る。)に従事する者に限る。)
(2) 知事が実施し、又は指定する講習を受けた者(大阪府生食用食肉取扱認定者養成講習会)
(3) 他の都道府県知事、保健所を設置する市の市長又は特別区の区長が実施し、又は指定する講習を受けた者のうち、知事が生食用食肉を取り扱う者として適当と認める者
(4) 食品衛生責任者となる資格を有する者
ただし、食品、添加物等の規格基準(昭和34年厚生省告示第370号)に規定する「生食用食肉の加工基準」が適用される場合にあっては、(4)に該当する者を除く。

申請書類の配布方法

申請書類の配布方法は、次の通りです。
窓口配布  ダウンロード 
(但し、以下の申請書類は大阪府の様式であるため、大阪市、堺市、豊中市、吹田市、高槻市、枚方市、八尾市、寝屋川市、東大阪市では使用できませんのでご注意ください。)

申請書類等

生食用食肉取扱者設置・変更届出書 (Pdfファイル、54KB)
生食用食肉取扱者設置・変更届出書 (Wordファイル、32KB)

申請の方法

申請方法は、次の通りです。
窓口持参  郵送 

申請の時期

申請日は、開庁日(営業日)です。

申請対象者

大阪府食品衛生法施行条例別表第一の六の項に規定する生食用食肉取扱者を設置、及び変更した場合
(ただし、食品衛生法第52条第1項の許可の申請の際に併せて届出を行った場合を除く。)

事前協議

事前協議は、不要です。

代理申請

代理申請は、可能です。

申請窓口

営業所所在地の管轄保健所(大阪府内各保健所、大阪市内各生活衛生監視事務所、堺市保健所、豊中市保健所、吹田市保健所、高槻市保健所、枚方市保健所、八尾市保健所、寝屋川市保健所、東大阪市保健所)

申請案内のリンク


このページの作成所属
健康医療部 生活衛生室食の安全推進課 食品安全グループ


ここまで本文です。