畜産物

更新日:令和2年11月4日

大阪の牛肉、豚肉、家鴨肉、大阪の地玉子、はちみつ

シェフにも愛されるこだわりの味 大阪の牛肉

食の都として栄えてきた大阪は、「天下の台所」と呼ばれ、日本の食文化の中心として発展してきました。都市のイメージが強い大阪ですが、古くから畜産業が営まれており、こだわりのブランド牛が育てられています。近年は多くのレストランで使われるなど、プロが選ぶ食材としても人気が高まっています。みなさんもぜひ、大阪のおいしい牛肉をお召し上がりください。

主なブランド牛:大阪ウメビーフ、なにわ黒牛、能勢黒牛

大阪ウメビーフは、お酒用に漬けこまれた梅をエサに育てられています。
柔らかくてジューシーなお肉は、うまみがしっかりしていながら、甘味のある上品な脂で、あっさりしていておいしいと評判です。
umebeef

なにわ黒牛はすべて雌牛で、ゆっくり自然な状態で長期肥育を行い、出荷しています。
そのため、自然の霜降り肉で、肉質が柔らかく脂があっさりとして、幅広い年齢層の方に喜ばれています。
naniwakuroushi

能勢黒牛は、自然豊かな土地で、大麦や栄養価の高い地元産稲わらをエサに育てられています。
肉質が豊潤な能勢黒牛のサシは、不飽和脂肪酸で口当たりがさっぱりすると好評です。
nosekuroushi

飼料にこだわる 大阪の豚肉

poku 
主なブランド豚肉:なにわポーク、なにわ星の豚、犬鳴きポーク

太閤さんの頃から飼育が盛ん 家鴨肉

kamo 
主なブランド家鴨:河内鴨、大阪家鴨

地元の玉子を新鮮なうちに 大阪の地玉子

tamago 

希少な国産はちみつが大阪にも はちみつ

hatimitu

大阪の畜産えぇもんBOOK

「大阪の飲食店の皆さんに、大阪の畜産物を使っておいしい料理を作っていただきたい!」という思いから、大阪の畜産物と農場を紹介するパンフレットを作成しました。
eemonbook 

畜産物に関する更に詳しい情報はこちら

このページの作成所属
環境農林水産部 流通対策室 ブランド戦略推進グループ

ここまで本文です。