指定自立支援医療機関(精神通院医療)の指定について

更新日:令和3年8月2日

◆指定自立支援医療機関(精神通院医療)とは?

障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律による自立支援医療(精神通院医療)を担当しようとする保険医療機関、保険薬局、指定居宅サービス事業者・指定訪問看護事業者等は、障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律第59条第1項の規定により所在地の都道府県知事・政令指定都市の指定を受ける必要があります。

大阪市と堺市に保険医療機関、保険薬局、訪問看護ステーション等の所在地がある場合は各市にお問い合わせください。
 ・
 
大阪市こころの健康センター(電話:06−6922−8520)
 ・ 堺市精神保健課(電話:072−228−7062)

 指定を受けた指定自立支援医療機関は、障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律第61条の規定や指定自立支援医療機関療養担当規定に基づき、良質かつ適切な医療を実施する責務を負うことになります。

※令和3年4月1日以降の申請について、押印を要しないこととします。

◆指定自立支援医療機関(精神通院医療)の指定を受けようとする場合には?

指定自立支援医療機関(精神通院医療)の指定を受けようとするときは、障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律第59条第1項の規定により申請が必要です。   
指定要件があります。内容を確認のうえ、申請してください。                                                                     申請の時期と指定の決定については、令和3年4月1日より以下のとおり変更しましたのでご注意ください。

申請の時期と指定の決定について、1日から15日までに受理された申請は翌月1日、16日から月末までに受理された申請は翌々月1日を指定日とします。 (令和2年10月1日掲載)

 

申請書受理日

指定日

1日から15日まで

翌月の1日

16日から月末まで

翌々月の1日



例)4月16日から5月15日の期間に受理された申請は6月1日を指定日とし、5月16日から6月15日に受理された申請は7月1日を指定日とします。

締切日間近に申請されますと、書類等の不備により指定日が後ろにずれることがあります。出来るだけ早目の申請をお願いします。

指定自立支援医療機関(精神通院医療)指定申請について【病院・診療所】

指定自立支援医療機関(精神通院医療)指定申請について【薬局】

指定自立支援医療機関(精神通院医療)指定申請について【訪問看護ステーション等】

 ◆指定自立支援医療機関(精神通院医療等)に関する説明会について

新たに指定を受けられた医療機関を対象に、例年、制度の内容等についての説明会を開催しております。
今般の新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、お集まりいただく説明会ではなく、
YouTubeによる動画配信及び説明会資料の公開による開催とさせていただきます。
受講完了後は、令和3年7月26日付け通知書に記載のメールアドレス(chiikiserviceshien-g@gbox.pref.osaka.lg.jp)まで
受講を完了した旨をご連絡をお願いします。

 [Youtube配信について]
     下記URLよりご視聴いただきますようよろしくお願いします。
         【病院・診療所向け動画】 
        https://www.youtube.com/watch?v=XrnTvTbqDeQ(外部サイト)
     【薬局・訪問看護ステーション向け動画】
        https://www.youtube.com/watch?v=OadVmgqLva4(外部サイト) 

 *説明会資料【病院・診療所】    [PDFファイル/2.72MB]   
     参考資料(精神通院医療) [PDFファイル/304KB]
           (制度案内)    [PDFファイル/1.43MB] 
 *説明会資料【薬局・訪問看護ステーション】 [PDFファイル/4.54MB]

 ◆指定内容に変更があった場合には?

指定自立支援医療機関(精神通院医療)の指定内容に変更があったときは、障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律第64条の規定により届出が必要です。

 指定自立支援医療機関(精神通院医療)変更届出について【病院・診療所】

 指定自立支援医療機関(精神通院医療)変更届出について【薬局】

指定自立支援医療機関(精神通院医療)変更届出について【訪問看護ステーション等】

◆指定自立支援医療機関(精神通院医療)の休止・廃止・再開する場合には?

指定の休止、廃止、再開をする場合は、障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律施行規則第63条の規定により届出が必要です。

指定自立支援医療機関(精神通院医療)休止・廃止・再開の届出について

◆指定自立支援医療機関(精神通院医療)の指定辞退する場合には?

指定の辞退しようとする指定自立支援医療機関(精神通院医療)は障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律施行令第40条及び障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律施行規則第64条の規定により1ヶ月以上の予告期間を設けて、届出が必要です。

指定自立支援医療機関(精神通院医療)指定辞退の届出について

◆指定自立支援医療機関(精神通院医療)の指定有効期間と指定更新をする場合には?

指定年月日から6年間です。
指定自立支援医療機関(精神通院医療)の指定は障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律第60条第1項の規定に基づき、指定有効期間内に「指定の更新」を受けなければ、効力を失うことになります。

指定自立支援医療機関(精神通院医療)の指定更新について【病院・診療所】

指定自立支援医療機関(精神通院医療)の指定更新について【薬局】

指定自立支援医療機関(精神通院医療)の指定更新について【訪問看護ステーション等】 

◆指定自立支援医療機関(精神通院医療)の指定をうけている病院・診療所、薬局、訪問看護ステーションは?

指定自立支援医療機関(精神通院医療)の一覧です。

指定自立支援医療機関(精神通院医療)の一覧について

◆問い合わせ先

大阪市と堺市に保険医療機関、保険薬局、訪問看護ステーション等の所在地がある場合は、
各市にお問い合わせください。
 ○大阪市こころの健康センター(電話:06−6922−8520)
  ○堺市精神保健課(電話:072−228−7062) 

大阪府こころの健康総合センター
電話番号 06-6691-3749 【自立支援医療費(精神通院医療)担当直通)】
FAX番号  06-6691-2814
住   所  大阪府大阪市住吉区万代東3丁目1−46 
※お電話でお問い合わせいただく際の番号の掛け間違いが増えております。
  お問合せの際 には、電話番号をよくお確かめのうえ、お掛け間違いのないよう、お願いします。 
 
 
 
事業一覧のページに戻る
 

このページの作成所属
健康医療部 こころの健康総合センター 総務課

ここまで本文です。


ホーム > 健康・医療 > 医療・医療費 > 指定自立支援医療機関(精神通院医療)の指定について