人権学習シリーズ ありのままのわたし 大切なあなた あぶくたったにえたった

更新日:平成28年2月15日

あぶくたったにえたった

キーワード

尊敬:自分も友だちも大切な一人ひとり(自己肯定感・他者への尊敬)
公平:対等な関係

ねらい

やりとりの楽しさやイメージをふくらませる楽しさを感じ、子ども同士の活動を通した共感や協力する力を育む

対象

おおむね1歳半から3歳
(10人から15人くらい、おとなも一緒に)

所要時間

15分から20分程度

準備するもの

なし

やってみよう

 こんな場面で

・やりとりする遊びを楽しみたい時。
・子ども自身に「あー楽しかった!」と遊びの楽しさを感じて欲しい時。

 遊び・活動への誘いかけ

1 「おいでー」と子どもたちを集めます。
2 「さあ、今からおもしろいことしてみようか?お友だちと手をつないでまあるくなろう」と声をかけ、みんなで輪を作ります(おとなも一緒に)。
3 「私はお豆さんになってここに(真ん中に)いるから、みんなはそのまわりをまわって歌ってね」

 進め方

1 ♪あーぶくたった煮えたった、煮えたかどうだか食べてみよ♪
   歌に合わせて輪になって手をつなぎ、豆のまわりをぐるぐる回る。
    ※豆を煮るイメージでスタートする。
2 ムシャムシャムシャ
   豆のところに集まり、むしゃむしゃと食べるまねをする。
3 豆:「まだ煮えない」と言う。
4 1から3を3回繰り返す(3回目は豆が「もう煮えた」と言う)。
5 「お家に帰って戸棚に入れて、鍵をかけてがちゃがちゃがちゃ」「ご飯を食べてむしゃむしゃむしゃ」「お風呂に入ってゴシゴシゴシ」「おふとんしいて寝ーましょ」
  違う場所(お家)へ移動し、家に入って鍵をかけるまね、ご飯を食べるまね、体を洗うまね、ふとんをしいて寝るまねをする。
  ※豆だった人が鬼になります。
6 鬼(豆だった人):「トントントン」
   鬼が家にやってきて戸をたたくまねをする。
7 みんな:「何の音?」と鬼に聞く。
8 鬼:「時計の音」(風の音・車の音・電車の音などで繰り返す)。
9 みんな:「あー良かった!」
  6から9を何回か繰り返す。
(最後に)
10 鬼:「トントントン」
11 みんな:「何の音?」と鬼に聞く。
12 鬼:「おばけの音!」といったらみんなは逃げる。
13 鬼に捕まった子が次の鬼になる。

※はじめは、鬼以外にもおとなが入って一緒に歌いながら回りましょう
※歌は、「かごめかごめ」「なべなべ」などのわらべうた風に自由に

 ポイント

★おとなが豆(鬼)役になり真ん中へいくと、「僕も」「私も」と一緒にしたがる子もあらわれますが、それもOKです。1歳半から2歳頃までは、おとなも一緒に鬼をするといいでしょう。
 鬼は、「おばけの音」になるまで何回でも違う音(風・ラッパ・車etc・・・)を言ってもいいので、音を考えたり、やりとりを楽しんだりできます。
 点線まで逃げればつかまえられないルールや必ず友だちと手をつないで逃げるというルールなど、やり方を変化させれば5歳 から6歳まで楽しめ、「友だちと遊んで楽しかった」という充実感を子ども自らが実感できる遊びです。
★家庭でおとなと2人で遊んでもやりとりがおもしろいです。子どもも「おふろに入った音」「お湯がわいている音」など、さまざまな音を見つけて驚かせてくれます。

前へ   次へ≫  目次へ

このページの作成所属
府民文化部 人権局人権企画課 教育・啓発グループ

ここまで本文です。


ホーム > 人権・男女共同参画 > 人権 > 教材・啓発冊子の紹介 > 人権学習シリーズ ありのままのわたし 大切なあなた あぶくたったにえたった