新型コロナウイルス感染症の陽性者となった場合の対応について

更新日:2022年5月16日

 大阪府においては、現在、オミクロン株の感染まん延を踏まえた対応として、ハイリスク者への確実なフォローを実施するため、フォロー体制の重点化を行っています。
 陽性となられた場合は、以下の項目を参考に、ご対応をお願いします。
  
新型コロナ陽性と診断された後の流れについて
自宅療養者の方への支援について(自宅療養者支援サイトのご案内)
宿泊療養を利用される場合について
陽性者と濃厚接触の可能性がある場合の対応について
その他お問い合わせについて

新型コロナ陽性と診断された後の流れについて

〇重症化リスク(※)のない65歳未満の方へ

 ※ 重症化リスク:65歳以上、重症化リスク因子(ワクチン未接種(ワクチン接種が1回のみの者も含む)、慢性閉塞肺疾患(COPD)、糖尿病、脂質異常症、高血圧症、慢性腎臓病、悪性腫瘍、肥満(BMI30以上)、喫煙歴、固形臓器移植後の免疫不全)がある方、妊娠している方

・まずは自宅療養とし、必要な情報を、携帯電話のショートメッセージサービスでお知らせいたします。
 新型コロナ陽性と判断され、ショートメッセージを受けとった方は、メッセージに書かれている大阪府65歳未満専用ページ(外部サイト)をご確認の上、ページの指示に従ってください。

宿泊療養を希望される場合は自宅待機SOSに連絡してください。0570-055221(全日24時間受付)に連絡)

※陽性が判明しているが保健所から連絡がない、連絡がとれない場合でも宿泊療養の手続きができます。

自宅待機SOS

〇65歳以上の方や重症化リスク因子を複数持つ方、妊娠している方

 ・発生届から保健所が療養方針を決定いたします。
  保健所から連絡をいたしますが、時間を要することがありますので、上記フローをご確認いただき、ご準備ください。

 ・65歳以上や重症化リスク因子を複数持つ65歳未満の方、妊娠している方で、保健所から連絡がない場合
  まず保健所に連絡のうえ、つながらなければ自宅待機SOSにご連絡ください。

○フローチャート

 新型コロナ陽性と診断された後の流れ(保健所からの連絡や療養についてのフローチャート)を掲載しています。
 フローチャートをご確認のうえ、ご対応をお願いします。

「新型コロナ陽性と診断された後の流れ 保健所からの連絡や療養について」のフローチャート  [その他のファイル/92KB] [PDFファイル/630KB]

自宅療養者の方への支援について(自宅療養者支援サイトのご案内)

 安心して自宅療養していただくため、必要な情報や支援内容を掲載しております。
 特に、自宅療養をされる際に必要なことをまとめたしおり、「自宅療養されるみなさまへ」は、ご一読ください。 
   自宅療養者の方への支援について

宿泊療養を利用される場合について

 宿泊療養にあたっての注意事項や、宿泊療養施設の持ち物や設備等について、こちらに掲載しています。
 特に、宿泊療養をされる際に必要なことをまとめたしおり、「宿泊療養施設のしおりと持ち物について」は、ご一読ください。

陽性者と濃厚接触の可能性がある場合の対応について

 詳細はこちらのホームページをご覧ください。

その他お問い合わせについて

大阪府保健所所在地一覧
新型コロナ受診相談センター一覧
自宅待機SOS
よくある質問 Q&A   [PDFファイル/294KB]
 

このページの作成所属
健康医療部 保健医療室感染症対策企画課 個別事象対応グループ

ここまで本文です。


ホーム > 健康・医療 > 医療・医療費 > 大阪府感染症対策情報 > 新型コロナウイルス感染症の陽性者となった場合の対応について