食品衛生に関する申請・相談

更新日:令和3年8月24日

食品衛生に関する申請・相談

衛生課の食品衛生担当では、食品関係施設の営業の許可申請手続きや食中毒の防止、不良食品の排除のための食品取扱施設への立入検査、衛生指導や食品に関する苦情や相談、届出のあった食中毒の調査や食品衛生の啓発等の事業を行っています。
また、食品衛生の向上のための講習会や食中毒予防キャンペーン活動を行っています。

1 申請・届出

食品営業許可申請

令和3年6月1日の改正食品衛生法の施行に伴い、許可業種の区分及び施設基準が変わりました。詳しくはこちら
食品営業許可に係る申請・届出はこちら

食品営業届出

令和3年6月1日の改正食品衛生法の施行に伴い、食品等事業者の営業届出制度が始まりました。営業許可が必要な営業、食品衛生法施行令第35条の2で定める営業、食鳥処理の事業以外の営業を行う場合は、届出が必要になります。詳しくはこちら
電子申請:食品衛生申請等システムはこちら(外部サイト)
窓口申請:食品営業届出についてはこちら

食品等自主回収届出令和3年6月1日の改正食品衛生法の施行に伴い、食品等事業者が食品等の自主回収を行う場合の届出が義務化されました。詳しくはこちら
電子申請:食品衛生申請等システムはこちら(外部サイト)
臨時出店届市民祭り、盆踊りや文化祭など自治会、子供会等の行事において、食品の調理を行う場合は、市民祭り、盆踊りや文化祭等を行う団体の代表者に対して臨時出店の届出をお願いしています。
臨時出店届についてはこちら
模擬店で調理を行う場合の注意事項はこちら
ふぐ処理業許可(旧ふぐ販売営業許可)(令和3年5月31日以前)令和3年6月1日の改正食品衛生法の施行に伴い、ふぐ処理を行うための要件は食品衛生法の中で規定されます。詳しくはこちら
令和3年5月31以前の飲食店営業・魚介類販売業の許可をお持ちの営業者の方に係るふぐ処理業許可に関する申請・届出はこちら

2 保健所以外で行う手続き

食品衛生責任者養成講習会
(公益社団法人大阪食品衛生協会)

許可や届出の対象となる全ての施設では、食品衛生責任者の設置が必要になります。食品衛生責任者になろうとする方が資格要件を満たさない場合、養成講習会を受講する必要があります。詳しくはこちら
保健所では案内書類の配布のみ行っています。
食品衛生責任者養成講習会についてはこちら(外部サイト)

食品衛生管理者登録講習会
(食品衛生管理者登録講習会の実施者)

食品衛生法施行令第13条で定める食品又は添加物の製造又は加工を行う営業者は、施設ごとに専任の食品衛生管理者を設置する必要があります。厚生労働省では最近の食品衛生管理者登録講習会の実施状況等を掲載しています。
食品衛生管理者についてはこちら(外部サイト)
調理師試験・製菓衛生師試験
(関西広域連合資格試験・免許課)

保健所では願書の配布のみ行っています(配布期間あり)。
調理師試験・製菓衛生師試験についてはこちら(外部サイト)

ふぐ処理講習会
(健康医療部生活衛生室食の安全推進課)

保健所では申込書類の配布のみ行っています(配布期間あり)。
ふぐ処理講習会についてはこちら

ふぐ処理登録者(旧ふぐ取扱登録者)
(健康医療部生活衛生室食の安全推進課)
ふぐ処理登録者に関する申請・届出はこちら

3 相談

食品衛生に関する相談食品衛生に関する相談について、個別に対応しています。
食中毒に関する相談

食中毒とは、食品や飲料を口にすることによって起こる腹痛や下痢、嘔吐、発熱などの健康被害をいいます。
まず医師の診察を受けましょう。医師は食中毒と診断すれば、保健所に届けなければなりません。
保健所では、健康被害の拡大と再発防止をするため、食中毒の原因を調査し、原因施設の衛生指導を行っています。また原因追求のため、食品の残品や吐物・便の検査に協力をお願いすることがあります。 

よくある質問

保健所によく寄せられる質問とその答えはこちら

このページの作成所属
健康医療部 池田保健所 衛生課

ここまで本文です。


ホーム > 健康・医療 > 保健所 > 食品衛生に関する申請・相談