都市計画道路 大県本郷線 整備事業について

更新日:令和2年6月24日

都市計画道路 大県本郷線 整備事業について

都市計画道路の大県本郷線は 国道170号(大阪外環状線)と国道(旧)170号とを結ぶ東西方向の基幹道路となるものであり、その一部区間(国道25号から市道法善寺築留線)約600mの区間について事業実施中。JR大和路線をアンダーパスにすることにより東西地域の交通の利便性を高め、地域の活性化に寄与する道路として整備しています。

○事業詳細

昭和47年2月に国道旧170号から藤井寺界の1.9kmの区間で都市計画決定が告示され、現在の事業区間は平成9年1月に事業認可を取得し(都)法善寺築留線から国道25号の約600mの区間です。事業区間、(都)上市今町線から国道25号の150mの区間は平成20年3月までに整備済みで、現在は(都)法善寺築留線から(都)上市今町線の450mの区間を整備中です。工事内容としては、大県本郷線とJR関西本線が交差する箇所の線路下にボックスカルバートを構築し、アンダーパスにする工事や歩道・道路の整備です。

◆大県本郷線の位置と工事の詳細

箇所図

○事業進捗状況  (都)法善寺築留線から(都)上市今町線の450mの区間について

◆完成イメージ

(都)法善寺築留線から見た、JR大和路線のアンダーパス

kannsei-41

工事進捗状況

・令和元年6月 工事進捗状況 [Wordファイル/122KB] 工事進捗状況 [PDFファイル/156KB]

・令和元年9月  工事進捗状況 [Wordファイル/607KB]  工事進捗状況 [PDFファイル/416KB]

・令和2年6月 工事進捗状況 [Wordファイル/381KB] 工事進捗状況 [PDFファイル/362KB]

このページの作成所属
都市整備部 八尾土木事務所 道路整備グループ

ここまで本文です。


ホーム > 都市計画・都市整備 > 土木事務所 > 道路の仕事 > 都市計画道路 大県本郷線 整備事業について