町村の将来のあり方に関する勉強会

更新日:令和3年3月29日

町村の将来のあり方に関する勉強会とは

府と市町村が共同で取り組んできた『基礎自治機能の維持・充実に関する研究会』などの成果を踏まえながら、府が市町村の将来課題への対応策の検討などを個別にサポートする取り組みの一つとして、財政基盤が脆弱な府内の全市町村(10団体)と共同で立ち上げた勉強会。

財政シミュレーション

目的

人口減少・高齢化などがもたらす将来課題が、町村の長期的財政収支にどのような影響を与えるか分析を行うとともに、その対応策として、さらなる広域連携や行財政改革の推進など必要な取組みについて検討を行う。

試算方法等

試算方法 [PDFファイル/329KB]

町村ごとの財政シミュレーション

■令和2年度作成

 島本町 [PDFファイル/234KB]   熊取町 [PDFファイル/240KB]   河南町 [PDFファイル/227KB]

 豊能町 [PDFファイル/236KB]   田尻町 [PDFファイル/233KB]   千早赤阪村 [PDFファイル/235KB]

 能勢町 [PDFファイル/249KB    太子町 [PDFファイル/225KB]

このページの作成所属
総務部 市町村課 振興・分権グループ

ここまで本文です。