印刷

更新日:2024年5月29日

ページID:2317

ここから本文です。

「大阪城東部地区」について

新着情報

大阪城東部地区について

大阪城東部地区は、大阪城公園の東側に位置する約53ヘクタールの地区で、JR環状線や大阪メトロ中央線、長堀鶴見緑地線の各駅に近く、主要幹線道路の中央大通に面するなど交通利便性の高い立地にあり、近接する大阪城公園の豊かな緑・水辺空間等と一体となったまちづくりにより、大阪を代表する拠点となり得るポテンシャルを有する地区です。

大阪城東部地区の位置図
〔大阪城東部地区〕

「大阪城東部地区のまちづくりの方向性」について

令和元年(2019年)8月に公立大学法人大阪が公表した「新大学基本構想」において、森之宮に都心メインキャンパスを整備する方針が示されたことを踏まえ、令和2年(2020年)9月に「大阪城東部地区のまちづくりの方向性」を策定し、大阪公立大学を先導役にした、多世代・多様な人が集い、交流する拠点形成に向けた取組みを推進しています。

令和7年(2025年)秋に大阪公立大学森之宮1期キャンパスが開設予定であり、それに続く、周辺の土地等の開発を1.5期開発と位置付け、令和10年(2028年)春の1.5期のまちびらきや、さらに2期以降のまちづくりについて、「大阪城東部地区のまちづくりの方向性」に沿ったまちづくりの具体化・実現に向け関係者連携のもと取り組んでいます。

ゾーニングイメージ、1.5期開発の取組イメージ

〔ゾーニングイメージ〕 〔1.5期開発の取組イメージ〕

主な経過

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?