置き去り事案について(認定こども園(幼保連携型、保育所型)、保育所、認可外保育施設)

更新日:2024年2月22日

置き去り事案について

大阪府より

 これまでも、安全に教育・保育が実施できるよう登園時の出欠確認や保育活動の場面転換時毎の人数確認の徹底、降園時の保護者への引渡し確認を確実に行うほか、園内外の活動それぞれの場面ごとに児童の人数や健康状態を確認するなど、より一層の安全管理の徹底に取組んでいただくよう周知しているところです。しかしながら、置き去り事案は引き続き発生しています。
 各保育施設におかれましては、以下の事案を参考に、児童の安全のため、今一度、施設において場面転換時の確認体制を点検されるようお願いします。

置き去り事案に共通する事項について

・他の児童に気を取られた際などに人数確認が不十分になり置き去りが発生している。
・公園から園に帰る時など、場面転換時に人数確認が不十分となっている。
・死角のある所で、少し目を離した際に児童が見当たらなくなっている。
・場面転換時は注意が必要であるにもかかわらず、その認識ができておらず、人数確認を行っていない。

事故の概要(令和4年10月以降発生分)

 認定こども園(幼保連携型、保育所型)、保育所、認可外保育施設の各施設より(市町村を経由して)報告された置き去り事案については、以下のとおりです。

発生年月

施設種別

発生状況

発生場所

置き去り時間

健康被害

推測される主な原因
令和6年2月認定こども園お迎えの準備のため、保育教諭と当該児が荷物を廊下に出しに行った際、当該児が玄関ホールへ走り出し、他の保護者が門を開けた際に施設外へ抜け出した事案。当該児を追いかけた他の保護者が、通行人に保護されている当該児を発見、その後、保育教諭が追いつく。施設内(室外・園庭等)8分なし児童のみで施設(保育現場)から抜け出せる構造・場面の存在
令和6年1月認可保育所屋上にて遊んだ後、保育室に戻る際、当該児を抱えていた保育士Aが、子どもの靴を片付けるため保育士Bに当該児を任せる旨、声掛けをし、子どもをその場に降ろしたが、保育士Bは、他児が転倒したため、保育士Aの声を聞いていなかった。その後、保育士Aから死角となっている場所に当該児がいたため、当該児を置き去りにして保育室に戻った事案。事務所にいた職員が、戸のガラス部分から、当該児を発見した。施設内(室内)4分なし場面転換時の人数確認の不足
令和6年1月認可保育所
登園直後、児童が保護者の車を追って園庭の門から抜け出た。園から450mほど離れた農道上を歩いているところを自転車で通勤中の職員が発見し保護した事案。
施設外(園外保育先・公園等)10分なし児童のみで施設(保育現場)から抜け出せる構造・場面の存在
令和5年12月認定こども園

屋上にて遊んだ後、保育室に戻る際、本来は屋上を1周し、子どもが残っていないかを確認するルールとなっていたが、保育教諭がこれを行わず、入り口付近から一瞥するのみで、屋上を施錠した。その際、当該児が置き去り。当日、施設に訪問していた自治体の巡回支援指導員が主任と施設を確認するため、屋上を開錠したところ、当該児を発見した事案。

施設内(室外・園庭等)15分なし・児童のみで施設(保育現場)から抜け出せる構造・場面の存在
・施設のルールの不徹底
令和5年12月認可外保育施設お迎えの時間に当該児の担任は、他の歳児の担任に当該児らを任せ、保護者対応のため保育室へ戻った際、他の歳児の担任は、他児の対応をしており、出入口を確認する担当は出入口を確認していなかった。当該児の担任が戻った際、当該児がいないことに気づいたところ、当該児は、施設から横断歩道を渡った先の地下鉄へつながる階段を降りていたところを通行人が保護した事案。施設内(室内)6分なし児童のみで施設(保育現場)から抜け出せる構造・場面の存在
令和5年12月小規模保育事業公園から施設へ帰る際、人数確認を行わず、当該児童を置き去りにした事案。地域の方に発見され判明。施設外(園外保育先・公園等)2分なし場面転換時の人数確認の不足
令和5年11月認可保育所屋外より施設の入居する階へ戻る際、担任が当該児がエレベーターから降りたことを確認せず、もう1人の別の歳児担任も当該児に気づかず、エレベーター内に置き去りにした事案。別の階にてエレベーターに乗り合わせた方に発見され判明した事案。施設内(室外・園庭等)2分なし場面転換時の人数確認の不足
令和5年11月一時預かり事業子育て支援員が、公園内で当該児童から目を離し、他の児童と遊んでいたところ、当該児童の所在が不明であることに気づいた。その後、通行人が保護した事案。なお、配置基準を下回る状態で保育をしていた。施設外(園外保育先・公園等)4分なし・児童のみで施設(保育現場)から抜け出せる構造・場面の存在
・配置基準違反
令和5年11月認可保育所公園入口から公園内に移動する際、散歩車に乗るのを嫌がった他児の対応に気を取られたところ、当該児童が公園外に移動、通行人が保護した事案。施設外(園外保育先・公園等)3分なし児童のみで施設(保育現場)から抜け出せる構造・場面の存在
令和5年10月認定こども園おやつのため公道を隔てた園舎へ児童らを移動させた際、担任2名ともに人数確認を怠り、当該児ら2名が置き去りになった事案。その後、他の保育士が当該児らを発見し判明。施設内(室内)7分なし

・場面転換時の人数確認の不足
・再発防止策の不徹底

令和5年10月認可保育所

担任が気づかないうちに当該児がトイレに向かった後、担任が人数確認を怠り、別の保育室へ移動した。その際、トイレ内でトイレットペーパーがなくなっており、当該児童はトイレから出ることが出来なかった。
他の保護者が当該児童に気づき、保育室に連れてきたことから、所在が不明であることが判明した事案。

施設内(室内)21分なし場面転換時の人数確認の不足
令和5年10月小規模保育事業保育士3名が、あそびを見守っていたところ、帰園準備のため、園児らを集合させた際、担任が、当該児の所在が不明であることに気付き、捜索した結果、離れた階段の上にいる当該児童を発見した事案。施設外(園外保育先・公園等)5分なし児童のみで施設(保育現場)から抜け出せる構造・場面の存在
令和5年9月認定こども園

保育士と児童10名で保護者の送迎を待っていたところ、他児の保護者対応中に当該児がトイレに行ったが、保護者対応後、このことを忘れていた。その後、階下の保育室に移動したところ、当該児の所在が不明となった。他児の保護者がトイレから出てきた当該児を発見した事案。

施設内(室外・園庭等)7分なし場面転換時の人数確認の不足
令和5年8月認定こども園

他児がトイレに行くため保育室を出た際に、当該児も「おしっこ」と言いながら、後ろからついて出ていったところ、保護者らの迎えの時間で、開いていた保育室のドアから園庭に出た。その後、園庭の砂場で遊んでいた当該児童を同じクラスの児童の保護者が保育室に連れてきたことから、所在が不明であることが判明した事案。

施設内(室内)10分なし児童のみで施設(保育現場)から抜け出せる構造・場面の存在
令和5年7月認可保育所保育士が、保育室で次のプログラムの準備をしていた当該児に気づかず、保育室を出る際に施錠したことで、当該児童が置き去りになった事案。その後、登園した児童により発見された。施設内(室内)11分なし児童の所在確認の不足
令和5年7月認可保育所登園後も興奮状態であった当該児童を保育室前で職員が見守っていたが、他児から話しかけられ、応答した間に玄関より抜け出した。その後、見守りのカメラ映像から施設外へ抜け出したことが判明、捜索中の職員が当該児を児童の自宅前にて発見した事案。施設外(園外保育先・公園等)12分なし児童のみで施設(保育現場)から抜け出せる構造・場面の存在
令和5年6月認定こども園屋上テラスから戻る際、職員が人数確認をすることなく、テラスを一瞥し、扉を施錠したところ当該児が置き去りにされた。その後、保育室に入る子どもの人数を確認していた際に当該児の所在が不明であることがが判明した事案。施設内(室外・園庭等)約10分なし場面転換時の人数確認の不足
令和5年5月認可保育所保育士5名がおむつ交換やおやつの片づけをしている間に当該児が、保育室のドアを開け、玄関ホール、建物外の玄関ポーチまで抜け出していたところ、偶然訪れていた理事長が発見した事案。施設内(室外・園庭等)不明なし児童のみで施設(保育現場)から抜け出せる構造・場面の存在
令和5年5月認定こども園立ち位置に関するマニュアルがあったものの一部に職員が集中したことで、全体の見守りができていなかったところ、当該児が迎えに来た保護者のもとへ向かった。しかし、そのことを保育者が、把握できていなかった事案。施設内(室外・園庭等)5分なし児童のみで施設(保育現場)から抜け出せる構造・場面の存在
令和5年5月認可保育所

園庭にて集団遊びを行っていた当該児が、園庭から建物内へ1人で向かったが、職員は気づいていなかった。園庭での活動を終えて、保育室へ戻る際、玄関で人数確認を行わず、また、廊下で目視での人数確認を行うも数を誤認し、当該児の所在が不明であることに気づかなかった。その後、他の職員が玄関で当該児童を発見した事案。

施設内(室外・園庭等)10分なし場面転換時の人数確認の不足
令和5年5月認可保育所散歩から戻り、職員が当該児が行方不明であることに気づいた後、カメラ映像にて玄関前にいる当該児童を発見した事案。施設外(園外保育先・公園等)4分なし場面転換時の人数確認の不足
令和5年5月認可保育所ホールにて遊んだ後、階下の保育室へ戻る際、人数確認を怠り、ホールに施錠したため、当該児童がホールに閉じ込められた事案。偶然、ベランダで取引先対応を行っていた職員が当該児を発見した事案。施設内(室外・園庭等)5分なし場面転換時の人数確認の不足
令和5年4月認定こども園保育室から他の保育室に子どもたちと移動した際、退室する際に人数確認をしたが、入室する際には確認していなかった。この間に当該児が下駄箱と壁の隙間に隠れていたままで廊下に残った。当該児の保護者が迎えに来た際に発見した事案。施設内(室外・園庭等)3分なし場面転換時の人数確認の不足
令和5年4月認定こども園当該児童トイレに連れて行ったあと、他児の対応のため児童を残し部屋に戻ったところ、当該児童が開いていた玄関出入口より抜け出し、その後、地域住民の通報により警察に保護された事案。施設外(園外保育先・公園等)1時間35分なし児童のみで施設(保育現場)から抜け出せる構造・場面の存在
令和5年4月認可保育所園庭で遊んでいた当該児が施設外へとつながる扉の金網部分を押したところ、当該部分がたわみ、児童が抜け出せる隙間を生じたことにより、施設内より抜け出し、路上にいるところを他の保護者が発見した事案。施設内(室外・園庭等)10分なし児童のみで施設(保育現場)から抜け出せる構造・場面の存在
令和5年4月認定こども園職員が目を離した際に、園庭で遊んでいた当該児Aが避難通路から園外につながる扉の錠を開け、園外の駐輪場にいるところを近隣の住民に保護された事案。施設外(園外保育先・公園等)10分なし児童のみで施設(保育現場)から抜け出せる構造・場面の存在
令和5年4月認定こども園職員が目を離した際に、園庭で遊んでいた当該児Bが避難通路から園外につながる扉の錠を開け、園外の駐輪場にいるところを近隣の住民に保護された事案。施設外(園外保育先・公園等)10分なし児童のみで施設(保育現場)から抜け出せる構造・場面の存在
令和5年4月保育所屋上で当該児らが遊んでいたところ、保育士が場面転換時に人数確認をすることなく屋上扉を施錠し、当該児ら3名を屋上に置き去りにした。その後、取り残された3名が自ら非常階段を降り、置き去りが判明した事案。施設内(室外・園庭等)5分なし場面転換時の人数確認の不足
令和5年4月認定こども園園の門扉が解放されていたところ、当該児が抜け出した事案。通行人により保護され、警察より連絡があり判明。施設外(園外保育先・公園等)1時間15分なし児童のみで施設(保育現場)から抜け出せる構造・場面の存在
令和5年4月保育所登園後、当該児が1人で保育室へ向かったが、玄関にて対応していた職員がその場を離れた隙に、園外に抜け出した模様。その後、警察より当該児童を保護している旨、連絡があり、行方不明であることが判明した事案。施設外(園外保育先・公園等)15分なし児童のみで施設(保育現場)から抜け出せる構造・場面の存在
令和5年3月保育所

保育士4名が乳児9名と幼児11名を連れ、公園にて活動中、人数確認は目視で複数回行っていたものの、人数確認時に1名が行方不明であることが判明した事案。なお、特定の幼児に保育士1名が対応していた。その後、保育士2名が当該児の捜索をしていたところ、近所の住民が当該児童を発見し、園に送り届けた。

施設外(園外保育先・公園等)16分なし場面転換時の人数確認の不足
令和5年2月保育所

保育士2名が、園屋上より児童5名を階下に連れていく際、人数確認済みと思い込み、扉を施錠したことで、当該児を屋上に置き去りにした事案。保護者が迎えに来た際に、当該児の見失いが判明。捜索したところ、屋上の扉の前にて泣いていた当該児童を発見。

施設内(室外・園庭等)7分なし場面転換時の人数確認の不足

令和5年1月

認定こども園

保育士2人が、園児8人を連れ、近くの公園に散歩に行ったところ、公園から園に戻る際、本来行うべき人数確認をしていなかったことで、1歳児クラスの女児が置き去りとなった事案。当該児が近所の住人に発見され、園まで送り届けられ判明。

施設外(園外保育先・公園等)10分なし場面転換時の人数確認の不足
令和5年1月認定こども園

コロナウイルス感染防止対策として、登園した3歳から5歳児は2階の保育室に荷物を置いた後、同階の合同保育室(3名の職員が配置)へ向かうこととなっていたところ、当該児童が、登園が多い時間帯で電気錠が開錠され、かつ安全推進員の配置されていなかった門扉より外出した事案。当該児の兄妹を受け入れた職員が当該児童に挨拶しようと合同保育室へ行ったが、当該児がいないことに気づき、探していたところ、近隣の住民から引き渡された警察から連絡を受けたもの。

施設外(園外保育先・公園等)32分なし児童のみで施設(保育現場)から抜け出せる構造・場面の存在
令和4年12月保育所園児らを保育室から別の棟の保育室へ移動させる際、職員が人数確認をせず外側からドアが開かないようにするための棒を差し込み、移動したことから、当該児が、移動前の保育室に置き去りとなった事案。子どもの泣く声が聞こえたため、他の保護者が移動前の保育室の戸締り用の棒を外し、確認したところ保育室内で児童を発見。施設内(室内)10分

なし

場面転換時の人数確認の不足
令和4年12月認可外保育施設公園から帰園する際に職員が点呼を行い、当該児を確認したが、その後、人数を確認することなく帰園した。帰園後に職員が当該児が行方不明であることに気づき、職員らが捜索したところ、公園内にて、作業していた方に保護されていた児童を発見。施設外(園外保育先・公園等)14分なし場面転換時の人数確認の不足
令和4年12月保育所公園からの帰園時に他児に気を取られ、人数確認が不十分になり、当該児が置き去りとなった事案。近隣の住民に保護された後、連絡を受け判明。施設外(園外保育先・公園等)12分なし場面転換時の人数確認の不足
令和4年12月保育所屋上にある園庭で遊びをした後に保育室へ戻る際、人数確認を怠り、また、その時当該児童が屋上のトイレに行っていることを失念し、出入口を施錠し保育室に戻ったことから、当該児が屋上に置き去りになった事案。その後、子どもの泣く声が聞こえたため、職員が確認したところ屋上で児童を発見。施設内(室外・園庭等)10分なし場面転換時の人数確認の不足
令和4年12月保育所公園から帰園するため、職員が児童に帰園準備を呼びかけた際に、当該児を確認していたものの、帰園する時に再度確認した際、職員が当該児がいなくなっていることに気づく。公園内を捜索していたところ、園あてに当該児童を保護した方から連絡が入り、その後に職員が児童を引き取る。施設外(園外保育先・公園等)5分なし児童のみで施設(保育現場)から抜け出せる構造・場面の存在
令和4年12月認定こども園屋上にある園庭で遊びをした後に保育室へ戻る際、職員が目視により屋上に児童がいないことを確認。全員が保育室に戻ったと思い込み、屋上の出入口付近にある靴箱間の死角にいた当該児に気づかず、出入口を施錠し保育室に戻ったため当該児が屋上に置き去りとなった事案。保育室に戻り当該児童がいないことに気づき、園内を探したところ屋上で発見。施設内(室外・園庭等)10分なし場面転換時の人数確認の不足
令和4年11月認定こども園部屋から部屋へ移動するところ、職員は発達の状況から見守っていなかったこと、また、児童が抜け出せるような柵であったことから、当該児が園庭の柵から園外に出て、自宅に帰った事案。施設外(園外保育先・公園等)1時間10分なし児童のみで施設(保育現場)から抜け出せる構造・場面の存在
令和4年11月保育所死角の多い団地内の公園において、児童とともに水分補給をしている時に当該児童から目を離した間に行方不明となった事案。すぐに公園周辺を探したところ、公園から約250m離れた路上において近隣の方に保護された児童を発見。施設外(園外保育先・公園等)6分なし児童のみで施設(保育現場)から抜け出せる構造・場面の存在
令和4年11月認定こども園昼食のため公道を隔てた園舎へ児童らを移動させた際、担任2名ともが人数確認を怠り、トイレ内の当該児童を置き去りにした事案。その後、他の保育士が当該児らを発見し判明した。前回置き去りにした児童をまた置き去りにした事案。施設内(室内)10分なし

・場面転換時の人数確認の不足
・再発防止策の不徹底

令和4年10月認定こども園昼食のため公道を隔てた園舎へ児童らを移動させた際、担任2名ともが人数確認を怠り、当該児ら2名を保育室内に置き去りにした事案。その後、他の保育士が当該児童らを発見した。施設内(室内)10分なし場面転換時の人数確認の不足
令和4年10月保育所公園からの帰園時に他の児童に気を取られ、人数確認が不十分になり、当該児が置き去りとなった事案。帰園後に行方不明となっていることが判明。なお、同園の他クラスが同じ公園から帰園時に発見され、保護された。施設外(園外保育先・公園等)2分なし場面転換時の人数確認の不足

関係資料

事故報告について(認定こども園(幼保連携型、保育所型)、保育所、認可外保育施設)

このページの作成所属
福祉部 子ども家庭局子育て支援課 認定こども園・保育グループ

ここまで本文です。


ホーム > 福祉・子育て > 子ども・家庭 > 置き去り事案について(認定こども園(幼保連携型、保育所型)、保育所、認可外保育施設)