「第5回大阪港ベイエリアに関する意見交換会」を開催(書面)しました

更新日:2021年3月26日

「第5回大阪港ベイエリアに関する意見交換会」を開催(書面)しました

 大阪府・大阪市で策定した「グランドデザイン・大阪」の象徴的なエリアとして位置づけられている大阪港のベイエリアについては、行政・関係事業者等がベイエリアの活性化・開発の促進、さらなる連携など幅広い観点から意見交換を行い、将来のまちづくりの推進に取り組んでいます。
 このたび令和2年8月に作成した「大阪広域ベイエリアまちづくりビジョン中間とりまとめ案」や関係事業者等の取組み等について、アンケートにより意見交換しました。

開催概要

  1 名称   第5回大阪港ベイエリアに関する意見交換会(書面)

  2  ご協力いただいた団体(順不同)
          株式会社大阪シティドーム、南海電気鉄道株式会社、ホテル ユニバーサルポート、大阪シティバス株式会社、
         
一般財団法人大阪国際経済振興センター、Jll モールマネジメント株式会社、西日本旅客鉄道株式会社、
          堺ホテル協会、いであ株式会社大阪支社、株式会社NTTドコモ、アムテック株式会社、
          アジア太平洋トレードセンター株式会社、南海バス株式会社

  3 意見交換会の結果概要
               第5回大阪港ベイエリアに関する意見交換会 [PDFファイル/190KB] [Wordファイル/19KB]

このページの作成所属
大阪都市計画局 拠点開発室広域拠点開発課 ベイエリアグループ

ここまで本文です。


ホーム > くらし・住まい・まちづくり > 建設・まちづくり > 「夢洲・咲洲エリア」について > 「第5回大阪港ベイエリアに関する意見交換会」を開催(書面)しました