識字・日本語教室等現況調査

更新日:令和3年3月4日

識字・日本語教室等現況調査

調査の目的

大阪府内の識字・日本語教室における学習活動の実態を把握することを目的とする。

調査の対象

市町村識字・日本語学習担当課等が把握する、大阪府内の識字・日本語教室。

調査の方法

市町村識字・日本語学習担当課等を通じて、調査票を配布。調査票は大阪府教育庁地域教育振興課の定める期日までに市町村識字・日本語学習担当課等に提出、市町村識字・日本語学習担当課等は提出された調査票を集約・整理のうえ、大阪府教育庁地域教育振興課に提出する。集計は大阪府教育庁地域教育振興課で行う。市町村識字・日本語学習担当課等への配布はオンラインにて、大阪府教育庁地域教育振興課への提出は逓送(電子データがあれば、併せてオンラインで提出)にて行った。

調査の内容

1.教室の現況について
2.研修について
3.新型コロナウイルス感染防止策について

調査の結果

調査の結果はこちら

このページの作成所属
教育庁 市町村教育室地域教育振興課 社会教育グループ

ここまで本文です。