なわて水みらいセンターの下水道高度処理水利活用状況

更新日:平成31年3月18日

なわて水みらいセンターの下水道高度処理水利活用状況

 なわて水みらいセンターに流入し、高度処理された水は処理場施設の水洗・灌水・散水用水のほか、河川の維持用水、 親水用の市街地せせらぎ用水などさまざまな形で利活用されています。皆様お住まいの近くでも、貴重な都市の水資源である下水道高度処理水が活用されている施設があるかもしれません。ここではなわて水みらいセンターの高度処理水の利活用状況を紹介させていただきます。

 なわて水みらいセンター処理水利活用状況

1.讃良川(支流)・上川河川維持用水

 河川には自浄作用を保護するために必要な維持水量が必要です。下水道高度処理水は讃良川(支流)及び上川の環境の維持に役立っています。

2.寝屋川第12水路河川維持用水

 河川には自浄作用を保護するために必要な維持水量が必要です。下水道高度処理水は寝屋川第12水路の環境の維持に役立っています。

3.岡部川河川維持用水

 河川には自浄作用を保護するために必要な維持水量が必要です。下水道高度処理水は岡部川の環境の維持に役立っています。

4.大東10・11・14・15水路河川維持用水(大東市事業)

 河川には自浄作用を保護するために必要な維持水量が必要です。下水道高度処理水は大東市10・11・14・15水路の環境の維持に役立ちます。

このページの作成所属
都市整備部 東部流域下水道事務所 

ここまで本文です。