倫理綱領及び行動規範

更新日:平成31年3月20日

倫理綱領及び行動規範

人権の尊重

砂川厚生福祉センター職員(以下、私たち)は、利用者一人ひとりをかけがえのない存在として尊重し、その基本的人権を擁護します。

利用者本位のサービス

私たちは、常に利用者本位のサ−ビスを行い、生活の質の向上に努めます。

 安心できる生活の保障

私たちは、利用者が安心して生活できるように、利用者一人ひとりの立場に立って支援します。

地域生活への移行支援

私たちは、利用者一人ひとりが豊かな生活を実感し、充実した人生が送れるよう支援します。最終的に、利用者のニーズにあった地域生活への移行ができるように、関係機関と連携を取り、利用者の望む生活を支援します。

 専門職としての責務の遂行

私たちは、自らの専門的役割と使命を自覚し、専門知識や技能の向上に励みます。

地域社会への貢献

私たちは、地域の身近な専門機関として、福祉ニ−ズに積極的に対応し、地域社会に開かれた施設づくりに努めます。


詳細は、下記ファイルをご覧ください。

砂川厚生福祉センター倫理綱領及び行動規範 [Wordファイル/68KB]

砂川厚生福祉センター倫理綱領及び行動規範 [PDFファイル/226KB]

このページの作成所属
福祉部 砂川厚生福祉センター 総務企画課

ここまで本文です。