虐待防止

更新日:令和3年7月5日

権利擁護、虐待防止の取り組み

  • 砂川センターでは、虐待防止対応規定と権利擁護、虐待防止対応マニュアルを定めて、虐待防止に向けた取り組みを行なっています。
  • 利用者一人ひとりの人権に着目し、虐待の根絶だけでなく、社会参加と自立に向け前進できるよう、更なる支援の充実を図っています。
  • 利用者の障がい特性を理解し、虐待とその虐待の芽である不適切対応を分析する研修に参加し、支援技術の向上に努めています。
  • 虐待発生時には、マニュアルに則し、速やかに対応すると共に、再発防止に取り組むこととしています。
    陶器の写真

このページの作成所属
福祉部 砂川厚生福祉センター 

ここまで本文です。