トップページ > くらし・環境 > 環境 > 自然環境・生物多様性 > ひろがれ!みどり > 自然にやさしい木材を利用した工法の選択

印刷

更新日:2009年8月1日

ページID:20223

ここから本文です。

自然にやさしい木材を利用した工法の選択

地域産材や間伐材などの森林資源を有効活用する自然にやさしい工法を積極的に採用していくことで、自然景観との調和を図りながら、安全かつ美しい森林づくりを進めていきます。

残置型枠を使用した治山ダムの写真

間伐材残置型枠(茨木市上音羽地区)治山ダム

木製ダムの写真

木製治山ダム(交野市私部地区)

府内産材合板型枠の写真

府内産材合板型枠

木柵を使用した山腹工の写真

山腹工(河内長野市加賀田中の谷地区)

問い合わせ先

大阪府 環境農林水産部 みどり推進室 森づくり課 森林整備グループ
電話 06-6210-9559
ファックス 06-6210-9551
E-mail:mailto:midorikankyo@sbox.pref.osaka.lg.jp

「府民のくらしを守る治山事業」のページへ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?