印刷

更新日:2018年3月14日

ページID:20220

ここから本文です。

治山事業とは

治山事業とは災害などで失われた森林の働きを回復させたり、より高めることによって、国土を保全し、私たちの生活を守ることを目的として、必要な土木工事や森林の造成を行なうものです。

はげ山復旧事業(阪南市) 昭和初期から30年代

はげ山復旧事業(昭和初期から30年代)の写真 はげ山復旧事業作業風景の写真

大阪府の自然条件と治山事業

大阪府の年間降水量は約1,400mmと全国平均と比べて少なく、年平均気温が約16℃と温暖な瀬戸内性気候に属しています。しかしながら、6月の梅雨期と9月の台風期を中心に局地的な集中豪雨がもたらされることになり、山崩れなどの山地災害が起こりやすくなっています。市街地の近郊に森林が位置する大阪府にあっては山地災害が直接府民の生命や財産をおびやかす危険性が高くなっています。

土石流発生直後の写真

被災直後

右矢印

土石流被害復旧後の写真

復旧後

問い合わせ先

大阪府 環境農林水産部 みどり推進室 森づくり課 森林整備グループ
電話 06-6210-9559
ファックス 06-6210-9551
E-mail:mailto:midorikankyo@sbox.pref.osaka.lg.jp

「府民のくらしを守る治山事業」のページへ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?