トップページ > くらし・環境 > 環境 > 自然環境・生物多様性 > 緑化 > 大阪のみどりをふやすために > ネーミングライツ方式など民間資金によるみどりづくり

印刷

更新日:2015年9月1日

ページID:20184

ここから本文です。

ネーミングライツ方式など民間資金によるみどりづくり

大阪府では、「みどりの風を感じる大都市・大阪」の実現に向けた取り組みとして、民間資金により緑化施設の計画、整備、維持管理、事業期間終了時の撤去等を一体的に行うことを条件に、整備した緑化施設に企業名・商品名を載せた名称をつけることができる「ネーミングライツ方式」により、シンボリックなみどりの創出を進めています。現在、下記の2ヶ所に誕生しています。

第2弾:シンボルグリーン東梅田「One Green フラワーケーキ」

大阪都心部の梅田HEP(ヘップ)ナビオ前に、企業公募で選ばれた一般社団法人テラプロジェクトにより、シンボルグリーン東梅田『One Green フラワーケーキ』が完成しました。みなさまぜひ、みどりの風を感じながら梅田のまちを歩いてみてください。

シンボルグリーン東梅田完成写真1 シンボルグリーン東梅田完成写真2

シンボルグリーン東梅田植替え後写真1 シンボルグリーン東梅田植替え後写真2
場所:梅田HEP(ヘップ)ナビオ前

第1弾:ウェルカムガーデン新大阪「大阪花屏風」

大阪府内外の人々が集まる大阪の玄関口であるJR新大阪駅前広場に、企業公募で選ばれた大和リース株式会社により、大阪のイメージを一新するようなみどりの空間、ウェルカムガーデン新大阪『大阪花屏風』が完成しました。みなさまぜひ、大阪の玄関口でみどりの風を感じてください。

新大阪花屏風1 新大阪花屏風2

新大阪花屏風3 新大阪花屏風4
場所: JR新大阪駅 3階デッキ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?