トップページ > しごと・産業 > 企業支援 > 経営支援 > 支援金・補助金 > 大規模施設等協力金 > 協力金の申請中に申請された方が亡くなられた場合の取扱いについて

印刷

更新日:2024年5月23日

ページID:4407

ここから本文です。

協力金の申請中に申請された方が亡くなられた場合の取扱いについて

大阪府大規模施設等協力金について、申請から支給決定までの間に個人事業主である申請者がお亡くなりになった場合、要件を満たした相続人の方を受給対象とします。詳細につきましては、以下をご確認ください。

対象者

大阪府大規模施設等協力金について、「申請から協力金支給までの間に亡くなった申請者の相続人の方」が対象です。

提出期間

申請者が亡くなられた日から起算して、原則3か月以内に下記必要書類を提出してください。

なお、相続協議が整っていない等、提出期間内に必要書類を提出できない場合は、コールセンターまでご連絡願います。

申出手続きを3月末までに完了できるよう、2月末までに宛先(申請事務局)へ必要書類が到着するように提出してください。

申請方法・必要書類

以下の必要書類を宛先まで提出してください。

必要書類

戸籍全部事項証明書と印鑑証明書は発行から3か月以内のものを提出してください。

宛先

〒559-8555大阪市住之江区南港北1年14月16日大阪府商工労働部協力金推進室(大阪府大規模施設等協力金申請事務局)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?