特定健診について

更新日:令和3年10月15日

特定健診について 

 特定健診とは、日本人の死亡原因の約6割を占める生活習慣病の発症予防のため、40歳から74歳までの方を対象としたメタボリックシンドロームに着目した健診。生活習慣病のなかでも、肥満,脂質異常症,高血圧,糖尿病,慢性腎臓病,肝疾患等は、新型コロナウイルス感染症の重症化のリスクとなる疾患としても知られている。

 例年、大阪府の市町村国保加入者の特定健診受診率は、全国と比べて低率かつ低位で推移。新型コロナウイルス感染症の影響を受けた令和2年度は、主に緊急事態宣言のタイミングで受診率が低下。令和3年度も同様の傾向と推測。 

特定健診の受診率向上を目指すプロモーションについて

  大阪府では大阪府立大学と連携し、モデル市域で特定健診受診対象者の実態調査を昨年度に実施。その結果、未受診者の9割以上が、特定健診について知っていたにも関わらず受診していなかったことがわかり、健康への無関心層に対するポピュレーションアプローチの重要性が示唆された。

 この結果を活かし、新型コロナウイルス感染症から国保加入者のいのちと生活を守るため、特定健診を広く啓発するプロモーションを展開。受診率の向上を図り、更なる予防・健康づくり、重症化予防の推進に取組む。

(1)  モデル5市において、対象者の実態に応じた効果的な受診勧奨を展開(10月より開始)

(2)  動画コンテンツを使った府域全体での広報活動を実施(10月18日から31日) 

●テレビCM放映  〇放送局  関西テレビ、MBS毎日放送

             〇放映予定 平日朝・昼・夕の時間帯。土曜日と日曜日は朝から夕まで放映

            ※動画はこちら→CM動画リンク

●デジタルサイネージ  府内鉄道駅構内及びショッピングセンター

            〇鉄道駅構内(大阪メトロ14駅、JR天王寺駅・大阪駅、近鉄難波駅、京阪京橋駅)

            〇ショッピングセンター イオン10店舗、イトーヨーカドー4店舗

        ※デジタルサイネージの詳しい放映場所はこちら→digitalsinage.pdf [PDFファイル/192KB]

このページの作成所属
健康医療部 健康推進室国民健康保険課 事業推進グループ

ここまで本文です。