認知症の早期発見・早期治療のために

更新日:令和3年3月3日

認知症は早期の診断と治療が大切です

認知症は治らないから、病院に行っても仕方ないと考えていませんか?認知症も下記のような理由により、早期診断・早期治療が大切です。

1.記憶や意識が明確なうちに準備ができる

 早期の診断を受け、症状が軽いうちに、本人や家族が病気と向き合い話し合うことで、介護保険サービスの利用など今後の生活の備えをすることができます。

2.治療により改善する場合がある

 正常圧水頭症や慢性硬膜下血腫、脳腫瘍、うつ病によるものなど、早期に発見すれば、治療により改善可能なことがあります。

3.進行を遅らせることが可能な場合がある

 アルツハイマー病には、進行をある程度遅らせることができる薬があり、早くに使い始めることが効果的と言われています。

 また、脳血管性認知症では、生活習慣病の予防が進行予防につながります。

思い当たることがあれば、すぐ相談してください!

A:こんな症状はありませんか?

□ 財布や鍵など、物をおいた場所がわからなくなることがある
□ 5分前に聞いた話を思い出せなくなることがある
□ 自分の生年月日がわからなくなることがある
□ 今日が何月何日かわからないときがある
□ 自分のいる場所がどこだかわからなくなることがある
□ 道に迷って家に帰ってこられなくなることがある

B:自分一人でできないことはありませんか?

□ 電気やガスや水道が止まってしまった時に、自分で適切に対処できる
□ 一日の計画を自分で立てることができる
□ 季節や状況にあった服を自分で選ぶことができる
□ 一人で買い物ができる
□ バスや電車、自家用車などを使って一人で外出できる
□ 貯金の出し入れや、家賃や公共料金の支払いが一人でできる
□ 電話をかけることができる
□ 自分で食事の準備ができる
□ 自分で、薬を決まった時間に決まった分量を飲むことができる
□ 入浴は一人でできる
□ 着替えは一人でできる
□ トイレは一人でできる
□ 身だしなみを整えることが一人でできる
□ 食事は一人でできる
□ 家のなかでの移動は一人でできる

出展:《地域包括ケアシステムにおける認知症アセスメントシート(DASC-21)》
栗田主一 地方独立行政法人東京都健康長寿医療センター研究所・自立促進と介護予防研究チーム(認知症・うつの予防と介入の促進)

Aの項目にチェックがある場合、Bの項目にチェックがない場合は、すぐにご相談ください。

相談先

認知症に関する相談窓口はこちら

認知症疾患医療センター

大阪府域の認知症疾患医療センターはこちら

認知症に関する診断・対応等を行う医療機関

認知症に関する診断・対応等を行う医療機関はこちら

このページの作成所属
福祉部 高齢介護室介護支援課 認知症・医介連携グループ

ここまで本文です。