世界アルツハイマーデーにおける取組み

更新日:令和3年3月3日

世界アルツハイマーデーにおける取組みについて

 認知症の人とその家族を支え、見守り、ともに生きる地域社会を築いていく運動を推進することを目的として、世界アルツハイマーデーにあたる9月21日に、公益社団法人認知症の人と家族の会大阪府支部主催、大阪府後援で認知症の啓発活動を行っています。

令和2年度

9月の「世界アルツハイマー月間」に、大阪府内で開催されるイベント等の一覧はこちらです。

大阪府内で開催されるイベント等一覧 [Excelファイル/48KB]

令和元年度

 万博記念公園の「太陽の塔」を認知症の人を支援するための象徴的な色であるオレンジ色にライトアップするとともに、認知症啓発リーフレット等を配布し、広く認知症の理解を呼び掛けました。

ライトアップの様子

太陽の塔ライトアップの様子

太陽の塔

1970年、アジア初の万国博覧会のテーマ「人類の進歩と調和」を表現するテーマ館の一部として建てられた芸術作品。

大阪万博当時から塔内にあった「生命の樹」や大阪万博閉幕後行方不明になっている「地底の太陽」等を復元・再生し、48年ぶりに内部の一般公開を開始している。

  

万博記念公園

住所:〒 565-0826 大阪府吹田市千里万博公園

交通アクセス:大阪モノレール「万博記念公園駅」「公園東口駅」下車

万博記念公園ホームページ(外部サイト)

 9月の「世界アルツハイマー月間」に、大阪府内で開催されるイベント等の一覧はこちらです。

 大阪府内で開催されるイベント等一覧  [Excelファイル/24KB] 

平成30年度

 万博記念公園の「太陽の塔」を認知症の人を支援するための象徴的な色であるオレンジ色にライトアップするとともに、認知症啓発リーフレット等を配布し、広く認知症の理解を呼び掛けました。

啓発リーフレット等の配布の様子

天王寺駅前でリーフレットを配布している様子  天王寺駅前でリーフレットを配布している様子

※世界アルツハイマーデーとは

 1994年9月21日、スコットランドのエジンバラで第10回国際アルツハイマー病協会国際会議が開催されました。会議の初日であるこの日を「世界アルツハイマーデー」と宣言し、アルツハイマー病等に関する認識を高め、世界の患者と家族に援助と希望をもたらす事を目的としています。

 1994年「国際アルツハイマー病協会」(ADI)は、世界保健機関(WHO)と共同で毎年9月21日を「世界アルツハイマーデー」と制定し、この日を中心にアルツハイマー病の啓発を実施しています。

このページの作成所属
福祉部 高齢介護室介護支援課 認知症・医介連携グループ

ここまで本文です。