府営住宅を活用したまちづくり

更新日:2022年4月5日

 

府営住宅を活用したまちづくりについて

 府営住宅ストックは府民の貴重な資産であるという認識のもと、地元市町と連携し、積極的にまちづくりに活用し、地域の生活支援など地域課題の解消や地域力の向上に努めています。

 ○ 府営住宅の空室活用

 ○ 府営住宅の市町への移管について

 ○ 用地の活用(売却・貸付)

 ○ 府営住宅駐車場に関する取組み
  ・ 府営住宅駐車場を活用した事業提案の募集について

 〇 【終了】府営住宅資産を活用したまちづくり研究会

大阪府営住宅ストック活用事例集

 府営住宅ストックの一層の活用拡大を図るため、これまで蓄積した府営住宅の空室や土地等の活用事例や他の自治体等における先進事例をとりまとめた「大阪府営住宅ストック活用事例集」を作成しました。本事例集では、多くの具体的な事例を紹介していますので、府営住宅ストックの活用に向けた検討ツールなどにご活用ください。

title

【全文】
一括ダウンロード [PDFファイル/2.82MB]
【分割版】
1.表紙・はじめに・目次 [その他のファイル/14.92MB]
2.府営住宅ストック活用事例(空室活用) [その他のファイル/77.87MB]
3.府営住宅ストック活用事例(土地活用・その他・コラム) [その他のファイル/23.96MB]
4.他自治体等の活用事例 [その他のファイル/18.16MB]
5.参考資料・裏表紙  [その他のファイル/2.23MB]

市町と連携したまちづくり

【目的】
 地域課題の解消や地域力の向上、まちの活力の創造のため、地域再生連携協議会等の場を通じ、地域経営の主体である市町と、広域行政を担う府が連携して、府営住宅資産を積極的に活用したまちづくりを進める。


【協議内容】
 《例》
 ○ 建替事業等の計画に関する協議
 ○ 建替事業等により生み出された用地の活用方策
 ○
府営住宅の空き室等を活用した施策の検討
 ○
低未利用地・駐車場空き区画の活用 など


 

このページの作成所属
都市整備部 住宅建築局住宅経営室経営管理課 計画グループ

ここまで本文です。


ホーム > くらし・住まい・まちづくり > 住まい > 府営住宅を活用したまちづくり