仁和寺流域調節池

更新日:平成31年3月14日

所在地

 寝屋川市仁和寺本町3丁目

完成年次

 平成22年3月

目的

 寝屋川流域は、流域面積約270km2の内、3/4に当たる地域において降った雨が自然に河川に流入しない内水域となっています。このような寝屋川流域の中で、寝屋川流域総合治水対策の一環として地下に流域調節池を造り、寝屋川市北西部の内水被害の軽減を図ることを目的としています。

事業概要

  この事業は、新宝町交差点の立体交差化(新宝町跨道橋)とあわせ、その地下空間を利用して仁和寺調節池を橋梁と一体構造として築造しています。この二つの事業の完成により、交通渋滞と浸水被害という、この地域の2つの大きな課題に同時に対応しています。この合築の相互効果として両事業あわせて約3億5千万円の事業費削減も行えました。

 調節池容量 16,000m3  集水面積 約1.2km2

お問合せ先

 建設課 河川砂防グループ



完成イメージ図(その1) 
仁和寺調節池内部の写真

このページの作成所属
都市整備部 枚方土木事務所 河川砂防グループ

ここまで本文です。