被爆者一般疾病医療機関

更新日:2022年4月1日

 被爆者一般疾病の医療を担当するためには、被爆者一般疾病医療機関の指定申請が必要です。

 既に申請していただいている医療機関で、辞退される場合は「辞退届」、変更事項がある場合は「変更届」の提出が必要です。

 

1 必要書類等

≪新規申請≫

  ・ 被爆者一般疾病医療機関指定申請書 [Wordファイル/35KB]【㊸】

      ※指定年月日を、申請日から3ヶ月以上遡って申請する場合は別途「遡及願 [Wordファイル/31KB]【㊸-2】」が必要です。

 

≪変更届≫

・ 被爆者一般疾病医療機関所在地・名称・開設者住所・氏名変更届 [Wordファイル/28KB]【㊹】

  ※医療機関コードが変わる際は、「変更届」ではなく「辞退届」と新たな「新規申請」が必要です。

 

≪辞退届≫

・ 被爆者一般疾病医療機関辞退届 [Wordファイル/27KB]【㊺】

・ 指定書(紛失した際は紛失届 [Wordファイル/33KB]【㊺-2】を添付してください)

 

 

2 窓口

医療機関等が所在する市町村によって申請窓口が異なります。こちらからご確認ください。

※電子申請も可能ですので、くわしくはこちら(外部サイト)からお願いします。

 

3 根拠法令

原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律第19条

 

このページの作成所属
健康医療部 保健医療室地域保健課 疾病対策・援護グループ

ここまで本文です。