大阪府20世紀美術コレクション

更新日:令和3年3月9日

大阪府20世紀美術コレクションについて

大阪府では、関西を拠点に戦後日本の美術界で活躍した現代美術作家の作品をはじめ、1990年代に開催した「大阪トリエンナーレ」の受賞作品など、絵画や版画、彫刻、写真等約7,900点の美術作品を所蔵しております。これらの作品はenocoにおいて開催する年数回の企画展示のほか、府庁舎・万博記念公園・モノレール駅舎・病院・大学・ホテル等の民間施設での館外展示でご覧いただくことができます。また、美術作品は無料で貸出も可能です。


 ○「大阪府20世紀美術コレクション展示先一覧(令和3年1月4日現在)」はこちら
     ⇒展示先一覧(2021年1月現在) [Excelファイル/22KB]   展示先一覧(2021年1月現在) [PDFファイル/980KB]


もずやん鑑賞中                 府庁本館須田剋太作品
           現代美術の回廊_ココア[COCOA] (大阪府庁本館1階)
           須田剋太「作品」(油彩)

                      

enocoでの企画展示の様子
「おしゃべり美術館」(令和元年8月実施)       

○大阪府20世紀美術コレクション貸出事業についてはこちら(外部サイトを別ウインドウで開きます)
 (貸出にあたっては諸条件がございますので、詳しくはお問い合わせください。)

○enocoのホームページにおいて、大阪府所蔵の美術作品をオンラインでご覧いただくことのできる「インターネット美術館」を開設しておりますので、ご自宅でお楽しみにください。
 「インターネット美術館」はこちら(外部サイトを別ウインドウで開きます)                    

このページの作成所属
府民文化部 文化・スポーツ室文化課 文化創造グループ

ここまで本文です。