11月は「ノー残業デー、ワーク・ライフ・バランス推進月間」です!

更新日:2021年11月10日

11月は「ノー残業デー、ワーク・ライフ・バランス推進月間」です!

コロナ禍だからこそ、「働き方」の改革を

 大阪府では、大阪労働局等と連携して、平成30年度より11月を「ノー残業デー、ワーク・ライフ・バランス推進月間」に設定し、様々な取組を行っています、
 今年度は以下の取組を行うとともに、期間中は「ノー残業デー」の実施などによる時間外労働の削減や、年次有給休暇の取得促進などを呼びかけ、ワーク・ライフ・バランスの実現に向けた気運の醸成を図ります。
 コロナ禍におけるテレワークの普及など「働き方」が急速に変わる今だからこそ、従業員一人ひとりの「仕事」と「生活」のバランスを改めて考える必要があります。
 府内の事業者・労働者の皆さま方には、この期間に、「ノー残業デー」を設定して定時退社に努めるなど、時間外労働の削減や、積極的な年次有給休暇の取得等に取り組んでいただきますようお願いします。今年度は特に、男性の育児休業を促進する取組みや女性が活躍しやすい職場環境づくりに力を入れましょう。

<ノー残業デー、ワーク・ライフ・バランス推進月間>

 ○ 定時退社を心がけ、時間外労働の削減に取り組みましょう。

   特定の日や曜日に「ノー残業デー」を設定し、定着させましょう

 ○ 年次有給休暇の取得を促進しましょう。

   土日・祝日にプラスワン休暇して連続休暇を取得しましょう                           

実施期間

 令和3年11月1日(月曜日)から30日(日曜日)まで

主催

 大阪働き方改革推進会議(※)

 構成団体:日本労働組合総連合会大阪府連合会、公益社団法人関西経済連合会、大阪商工会議所、堺商工会議所、大阪府商工会連合会、大阪府中小企業団体中央会、大阪信用金庫、株式会社池田泉州銀行、株式会社りそな銀行、株式会社関西みらい銀行、大阪府社会保険労務士会、大阪府、大阪市、堺市、近畿総合通信局、近畿財務局、近畿厚生局、近畿農政局、近畿経済産業局、近畿地方整備局、近畿運輸局、大阪出入国在留管理局、大阪労働局

※大阪働き方改革推進会議
 大阪地域におけるワーク・ライフ・バランスの推進、労働環境や処遇の改善等、労働施策の重要課題について、地域の関係者と幅広く情報共有、意見交換を行うことを目的に大阪労働局が設置。構成団体は、国・地方公共団体、経済団体、労働団体、金融機関。

協賛

  大阪働き方改革推進支援・賃金相談センター

具体的な取組み

(1)知ろう!学ぼう!働く楽しさ&働くお悩み相談イベント(商業施設イベント)
  ○11月 3日(水曜日・祝日)  イオンモール大日 1階サニーコート(守口市大日東町1−18) 
  ○11月13日(土曜日)      イオンモール鶴見緑地 1階グリーンコート(大阪市鶴見区鶴見4丁目17−1)
  ○11月20日(土曜日)      イオンモール四條畷 2階GU前(四條畷市砂4丁目3番2号)
  ○11月23日(火曜日、祝日) イオンモール堺鉄砲町 3階イオンスタイル前(堺市堺区鉄砲町1番地)

(2)ワーク・ライフ・バランス実現シンポジウムの開催
  日時 令和3年11月26日(金曜日)10時30分から15時30分
  場所 エル・おおさか本館 エル・シアター
  内容  行政・経済団体・学会・企業ので議論を深め、ワーク・ライフ・バランス実現に向けた方向性を打ち出す
 

チラシ・ポスター

 周知・啓発の際に、ご活用ください。
        
tirashi


11月はノー残業デー、ワーク・ライフ・バランス推進月間です! [PDFファイル/177KB]

これまでの取組について

令和2年度の月間の取組【作成中】

【参考】令和元年度の月間の取組
  令和元年度11月「ノー残業デー、ワーク・ライフ・バランス推進月間」の取組について [Wordファイル/1.75MB] / [PDFファイル/731KB]
【参考】平成30年度の月間の取組
 平成30年度11月「ノー残業デー、ワーク・ライフ・バランス推進月間」の取組について [Wordファイル/547KB] / [PDFファイル/677KB]

ワーク・ライフ・バランスの実現

「ワーク・ライフ・バランス」については、こちらをご覧ください。

このページの作成所属
商工労働部 雇用推進室労働環境課 労働環境推進グループ

ここまで本文です。


ホーム > 商工・労働 > 労働・雇用 > 労働に関する啓発事業 > 11月は「ノー残業デー、ワーク・ライフ・バランス推進月間」です!