消費者教育コーディネーター

更新日:令和2年9月30日

消費者教育コーディネーターの役割について

 学校などの教育現場と消費者教育担う多様な関係機関や担い手をつなぐためには、消費者教育に関する専門的な知識を持ち、間に立って調整するコーディネーター的な役割が重要です。
 大阪府では、消費者教育コーディネーターを設置し、消費者教育の推進に努めています。

消費者教育コーディネーターの活用について

 消費生活相談員などの専門的な知識を持った消費者教育の担い手の紹介や、消費者教育で困っていること、疑問に思うことなどをご相談ください。

<相談事例>
・消費者教育に関する講師派遣
・オンライン授業の効果的な実施方法
・教材研究のための専門家の紹介
・インターネットなどの消費者トラブルに関する教材

<問い合わせ先>
大阪府消費生活センター(06-6612-7500)
消費者教育コーディネーター

消費者教育コーディネーターチラシ [Wordファイル/717KB]
消費者教育コーディネーターチラシ [PDFファイル/120KB]


06−6616−0888(消費生活相談)
消費生活に関する電子メール相談はこちらです

大阪府消費生活センター
〒559-0034 大阪市住之江区南港北2丁目1-10
ATC(アジア太平洋トレードセンター)ITM棟3階
Tel:06-6612-7500(相談以外)
Fax:06‐6612‐0090
メールでのお問い合わせはこちら
電話番号はよくお確かめの上おかけください

このページの作成所属
府民文化部 消費生活センター 事業グループ

ここまで本文です。


ホーム > くらし・住まい・まちづくり > くらし > 消費者教育コーディネーター